裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2020/02/23 15:34 「ポリス猫DCの事件簿」若竹七海

 なお一層のブースター効果を期待して若竹七海をもう1作「ポリス猫DCの事件簿」。

 

葉崎海岸の沖には猫島という人口30人の小島がある。作者の既発表作「猫島ハウスの騒動」の頃の猫島は、夏の海水浴シーズン以外は閑散としたものだったが、ここにはその名の通り約100匹の猫が生息しており(ただし飼い猫ではない。厳密にいうと野良)ペットブームの昨今、地元住民のユルいPR活動の効果もあって「猫好きの聖地」として知名度が上がってしまった。それによって、夏だけの開設だった臨時派出所が継続となり、七瀬晃巡査が配属されている。この派出所にいる、葉崎市警察署長から星章を与えられたマスコット猫がDCである。 

 一見七瀬とDCは家主と居候のように見えるが、実際にはDCが主導権を握っている。動物、特に猫が活躍するミステリーには赤川次郎さんの「三毛猫ホームズ」シリーズ、宮部みゆきさんの警察犬を引退したシェパードのマサが活躍する「パーフェクト・ブルー」などがある。とはいえ、猫島の猫たちは島民に大事にされているとはいえ、元来ノラの傾向が強くまとまりがなくやかましいことこの上ない。 

 最後に一つ若竹さんに提案だが、今回新たに島の仲間となった「そば処ねこじま」に肉うどんを加えてはどうだろう。それで、おしながきには「こぶた」としてこぶた、たぬき、きつね、ねこと、しりとりでまとめるのである。どうよ!

 

2020/02/19 21:24 「みんなのふこう」若竹七海

 

 アンコの甘さと餅の打ち粉の塩気が絶妙な、美味しい豆大福のように中毒性のある若竹さんの辛口コージー「みんなのふこう」。

 

いやー興奮した。

 

 舞台は若竹さんのホームグラウンドともいえる神奈川県葉崎市。

 

 地元のFM局、葉崎FMの週末の番組「町井瞳子のライトハウス・キーパー」には「みんなの不幸」という人気コーナーには、ある女子高生がほぼ月1回のペースで投書を送ってくる。内容はいつも彼女のバイト先の友達、通称ココロちゃんのあり得ないような失敗談と不幸に次ぐ不幸な出来事で、最近リスナーの間で話題沸騰なのだが、問題はそれに続くニュースのコーナーで報道される、これまた世にもまれな事件には必ず、ココロちゃんが何らかの形で巻き込まれているという結末。確かに彼女自身も不幸だが、関わり合った人間はその不正行為や犯罪が明るみに出て、さらに大きな不幸に見舞われる。してみると彼女はある意味ラッキーガールのようでもあり、同時に厄病神のようでもあり、また同時に受難者でもある。

 

 ただ、肝心のココロちゃんはとてつもなくプラス思考というか、めげもしなければ人間不信に陥ったりもしない。さくっと6時間で読みきった。

2020/02/16 12:49 「プラスマイナスゼロ」若竹七海

 小説がドラマ化される時、原作とテイストがかけ離れることを許容できる読者と、そうでない読者がいる。 

私は基本的に後者だが、毎週金曜日午後10放送の「ハムラアキラ 世界で最も不運な探偵」は例外的に面白い。というわけで、これからしばらく、今まで読んだことのある若竹七海作品の紹介と感想を語ることにした。 

 

現在若竹七海さん、といえばもちろん葉村晶だが、葉崎市にまつわるコージーミステリーも外せない。 

「プラスマイナスゼロ」は、その葉崎市が舞台の学園コージーミステリーである。今までは葉崎市の海沿いで物語が展開していたが、今回は山もある。お嬢様のテンコ、ヤンキーのユーリ、成績、運動能力、身長体重、3サイズ゙、靴のサイズ゙までが全国平均というミサキ。荒唐無稽な設定のプラスマイナスゼロ・トリオが遭遇する謎をめぐる物語である。 

普通コージーミステリーは、警視庁捜査一課が出てくるようなハードで殺伐とした場面がない傾向があるが、若竹さんの場合、行間に仕込まれたアクセント、というか一種の毒が胸の奥にしん、と響く、読後に「これってコージーだよね?」と自分で再確認したくなるものが多い。 

1篇はテンコに付きまとう「毎日1時間聞き役をやるのすら苦痛な愚痴っぽい幽霊」にまつわるお話。第2編は浜辺でクリームソーダを味わいながら、青髭のごとき妻殺しの容疑者のアリバイトリックを推理していたらとんでもない結末を迎える。第3篇は一見ささやかそうに見える犯人の悪意が、実は以外に怖かったりする一作。第4篇は、保険金詐欺の常習犯を相手に3人が意外な?大活躍をする。第5編も犯人が企てた復讐の回りくどさ、いやらしさがこの上ない。 

最終篇は典型的な小市民的意地悪を無上の楽しみとしている生徒会にまつわる三人が仲良くなった馴れ初め。ミサキ自身が自分の友達づきあいについて思いを巡らすシーンは皆ドキリとさせられるに違いない。 

凶悪犯罪ではなくとも、犯人の心の中に、そして誰の心の中にでもある負の要素を描き出す技量は、さすが若竹さんである。

 

2020/02/11 21:46 大量アクセスはいかにして起こったか?

大変無沙汰を致しております。つい 性懲りもなくやらかす女が久々に戻ってまいりました。 

あまりに久々なのでまず、近況報告を致します。

1.昨年秋より、同居人と私個人の健康上の都合により、再びパート勤務になりました。フルタイム勤務は2年経たないうちに中断となりました。

2.今一番の関心事は朝ドラ「スカーレット」の今後の展開。ご存知の方も多いと思いますが、私も「八郎沼」の深みにはまり、半ば溺れかかっている一人です。

 

突然ブログを更新した理由は、休眠状態とはいえ、カウンタとコメントはごくたまに確認していたのですが、本日久しぶりに確認したところ、延々と続く一ケタの履歴の中に、突如として2/4240件、2/587件とある。その他にも1/740件。はて?アクセスした方々は、どういういきさつをたどってここにたどり着いたのか?

 

残念ながら当方ではブログのどの記事にアクセスしてくださったのか、全く知るすべがありません。

御親切な方がいらしたら、是非「こういう過程を経て、こちらの、この記事にたどり着いた」旨、コメントでお教え下さると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

2019/08/02 23:07 なぜうまくいかない?久々の更新

ご無沙汰しております。ついしょうこ、でございます。確認したら、一年以上もブログの更新をしておりませんでした。

唐突ですが、このブログをご覧になった方、とりわけブログJCANでブログを書いていらっしゃる方にお願いしたいことがあります。

You Tubeの動画の埋め込み方を教えてください。

 

フルタイムで働き、時に残業もこなし、ヤフオク!で副業のまね事なんぞをしていると、本に費やす時間は皆無となり、TVドラマは鉄板中の鉄板のみの視聴。発信する者が完全に枯渇しておりました。

で、細切れな空き時間に何をしていたかというと、You Tubeを視聴しておりまして、最初はシャンシャンや結浜の動画をボーっと見ていたんですが、そのうち中国をはじめアジアの時事問題を扱った動画に行き当たり、最近は政治的な話題を扱うチャンネルを視聴する日々を送っております。

 で、皆さんに是非見てほしい動画を効率よく紹介するためには・・・You Tubeをブログに埋め込めばよい。埋め込みコードはこうやると、ここに出てくるからコピーして・・・

出来ない。HPアドレスのような英数字の羅列はコピーされるが、動画は埋め込まれない。なぜ?どうしてこんなことに?

というわけで、ジタバタしております。解決策をご存知の方、助けてください、お願いいたします。