裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2020/03/28 20:23「サンタクロースのせいにしよう」若竹七海

 

 表題作「サンタクロースのせいにしよう」だけは、どこかの出版社のミステリ傑作選で読んだことがあったのだが、短編集そのものは縁がなくて読んだことがなかった。久しぶりに図書館通いを再開して若竹七海の作品を集中して読もうとしたら、以前は置いてなかった「サンタクロースのせいにしよう」があった。

 「私」こと岡村柊子が友達の紹介で、新たに一戸建てでルームシェアをすることになった。料理さえ作ってもらえるなら、家賃は相手が負担。こんなおいしい話を逃す手はない―引っ越した先の同居した相手は、人気俳優を父に持つ変わり者のお嬢様、松江銀子さん。

 変わっているのは住人だけではない。住まいの方も幽霊が出たり、ゴミ捨て場に死体が遺棄されたり、なぜかトラブルが続発する。

 葉村晶や小林・御子柴コンビが初めて登場する前回の「プレゼント」はこの一年後に発表されるのだが、本作の方は刑事事件の色合いがない。デビュー作「ぼくのミステリな日常」と「プレゼント」の中間だろうか。 

 おや、と思ったのは柊子に銀子を紹介した友人の彦坂夏見と銀子の異母兄、曽我竜郎。夏見のべらんめえ口調は、彼女の知的な部分をつぶして粗野な印象を受けるし、竜郎が屈折しているのはいいが、あっていいはずの本質的な行儀のよさが感じられない。若竹さんも若かったのかな、まさかそんなことではないでしょうが。

 

 それにしても、3/2277件、3/2360件。この2日だけまたもや当ブログの平均閲覧数から突出している。

一体何がヒットしているのだろうか。

 

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用