裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2020/04/15 21:25「カラマーゾフの兄弟」2013年 フジテレビ系  

 3月末にはおそらくこうなるだろうと予想はしていたが、予想通りスカーレットロス、八郎さんロスに陥り、今も続いている。

 とりあえずグリーフケアの対策として、八郎さんの見どころをダビングしたDVDはまだ消去していないが、松下洸平さんのそれ以前の出演作が見たいよね、ということで探してみたら、韓ドラの視聴で度々お世話になっているFree Drama OnlineJapanese Dramaのリストに「カラマーゾフの兄弟」(Karamazov no Kyodai)があった。

 

 ロシア文学、というと登場人物の名前でまず挫折する。

フルネームは、まずもって1行では収まっていない。しかも、アレクサンドルがサーシャ、とか通称、愛称が分かりにくい。機会があればチェーホフの短編集に挑戦したいな、と思うこともあるが、トルストイもドストエフスキーも遠慮したい気持ちに変わりはない。

 ただ、舞台を日本に置き換えてドラマ化、となれば話は別だ。スラブ行進曲をはじめとするクラシックの名曲とローリングストーンズやレッドツェッペリンなどのロックの古典ともいえる名曲をBGMに、重厚な空気が画面から発散される。

 2013年、オンエア当時の松下さんは、今より頬がふっくらしており、今よりちょっと幼くてかわいらしい印象を受ける。あらすじはブログ等で他の方が細かく解説してくれているものがあるのでここでは触れず、松下さん演ずる黒沢家の使用人、末松進についてだけ書かせていただく。最低限の説明は必要だと思うのでネタばらしをするが、劇中の殺人事件の真犯人はこの末松である。

 ドラマを放映時にリアルタイムで見ていたら、受け止め方が違ったのだろうが、今最終話の黒澤勲役の市原隼人さんと末松役の松下さんのシーンを見ると、自分が完全に末松の視点にロックしていることを自覚する。

 殺人を「処刑した」という末松の言い分には勿論賛同できない。だが犯行を告白する彼に対する勲の反応に、「そこまであからさまに拒絶しなくても」と、末松に同情するというか、勲に対して「アンタには支えとなる兄弟がいてくれただけ、マシじゃん。」と末松の孤独に全く寄り添ってやれない勲に反感を覚える、という変な感情が生じて、我ながら可笑しくなった。あそこで末松が逃げ出す前に、林遣都さん演ずる黒澤涼が家に到着していたら、彼なら違う反応をしたのではないか。それなら末松に、もっと救いのある結末になったような気もするが、ロシア文学は弥陀の慈悲とは無縁だから、そうもいかなかったのだろう。

 

 余談だが、黒澤涼役の林遣都さんは大野信作役で、松下さんと「スカーレット」でも共演、涼の恩師の園田教授は「もう一度君にプロポーズ」「捜査会議はリビングで」「捜査会議はリビングで・おかわり」で共演、黒澤家の元家政婦、丸山八重子役の山野海さんも「捜査会議はリビングで」「捜査会議はリビングで・おかわり」で共演している

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments


※承認待ちのコメントがあります

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用