裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2020/06/02 19:36アシガール 第8話

警固役に昇進!

 忠清の命を救った功を認められ、唯は忠清の警固役に昇進。天野家に寄宿し武者修行を始めるが、なかなか思うように上達しない。

 忠清は怪我の治療で不在中に黒羽城に到着していた婚約者の阿湖姫と対面する。

阿湖姫と再会

 厩の悪丸たちのところに顔を出した唯は、遠駆けに出たいので馬を借りたいという阿湖姫を見かけ、山中で水を施してくれたのが阿湖姫だったことに驚く。阿湖姫に部屋に呼ばれた唯は、対面した忠清から「婚儀を延期したい」と申し出があり、「私のことがお好みではないようだ」と悩みを打ち明けられる。侍女のかめの話では、忠清が「鐘ヶ江のふき」という娘にご執心のようだと教えられ、唯の心中は穏やかではない。唯は阿湖姫に「時々話し相手になって欲しい」と頼まれる。忠清の様子が気になって落ち着きのない唯を、吉乃は厳しく叱る。 

「こちらの気持ちがなぜ分からぬ」

 高山の不穏な動きに緊張が走る黒羽城内。次の戦では成之が先陣を務めることになったが、信茂からその件を聞かされた唯は、成之を追い、国境近くの山中の庵へ向かう。そこには如古坊と高山方の武将坂口がいた。唯は先陣を率いた成之が高山勢と合流し、黒羽城を攻める手はずになっていることをつかむが、成之たちに見つかってしまう。忠清に知らせるために急いで戻った唯だが、如古坊に捕まり成之の部屋に連れ込まれる。

 吉乃のところで信近から「酔いつぶれた唯之助が、成之さまに抱えられて部屋に連れていかれるのを見た」と聞いた忠清は急いで城に戻り、成之の部屋から唯を連れ戻す。「高山の動きを探りに山へ行った」という唯の言葉に、彼女を無事に両親の許に帰さねばという思いに悩む忠清は、激しい怒りをぶつける。

 「お前の助けなど要らぬ。お前はこちらの世の者ではない」という忠清の言葉に傷ついた唯だが、吉乃と信近の会話から、吉乃が唯之助のために村へ帰ろうと思っていること、もともと武家の娘であること、それを知った信近の再婚の申し出を聞いてしまう。翌朝、自分のために信近の求婚を断ったと思う唯を吉乃は一喝。「お前はお前のおりたい処に力を尽くしておればよい、励みなされ」と励まされ、唯は忠清に会いに行く。 

「いやなのだー」

 昨夜の暴言を詫びる忠清に、唯は成之が高山側と内通していて、出陣したら高山勢と合流し黒羽城を攻めることを画策していること、吉田城の襲撃にも成之が関与していたことを報告する。「わかった」と言って立ち去ろうとする忠清の後ろ姿に「若君が鐘ヶ江のところに行くのは嫌だ」と叫び、泣きじゃくる唯。忠清は人違いだったと伝えに行っただけだと説明し、悲しませた詫びに、明日は満月だからお前が帰るのを見送ろうと提案。「すぐ戻ってきますよ」といぶかる唯だが、ふくの時のような娘姿が見たいと請われ、「おしゃれしてデート、ってこと?」とはしゃぐ唯。「どうやらわしも嫌なのだ」唯が去った後、呟く忠清。早速唯は役者のあやめのところへ行き、娘姿になるために協力してもらうことに。

 成之の許へ出向いた忠清は、次の先陣の役は自分に譲ってくれるよう頼む。 

「それ、3分後にもう一度言って下さいます?」

 「えっと、ふくです。」久しぶりに娘姿の唯を見て忠清は喜ぶ。池のほとりで満月を見上げる二人。忠清の「この世に、わしの前に現れたことに礼を申す」という言葉に、唯は「「永遠の別れみたいだ」と笑う。「お前のことは生涯忘れぬ」と言われ、脇差を抜いた状態で駆け寄ってきた唯は「今までちゃんと言ったことがなかったけど、若君のことが」と言い残し平成へ戻る。家族に「今度あっちへ行ったらもう戻れないけど、若君と必ず幸せになる」という唯だが、尊に燃料は今回の移動で使い果たしてしまったこと、忠清もそのことを承知していたことを知らされる。

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用