裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2020/07/03 07:51アシガール 最終話 後編

「昨日まで三男だった嫁!」

 忠清の寝顔に見入る唯。目覚めてまず傷の具合を尋ね、唯に「あ、忘れてた」と言われた忠清だが、山中で木の枝でできた唯の頬の傷に心を痛める。自分のために一人山の中を走らせたと詫びる忠清に「目が覚めたら若君はきっと自分を責めるだろうと思った。でも無事でよかった」と唯は笑って答える。

「この忠清の妻になれ」と言われ、「なります!」と唯は元気よく承諾する。

抱き合った二人の顔が近づいたところで、忠高がお呼びだと源三郎が呼びに来たため、忠清は忠高の許へ。

 「唯之助を妻に迎えたい?」忠清の申し出と娘姿の唯に忠高は困惑する。信近が改めて唯之助ではなく、名は唯だと説明し、唯も改めて挨拶するが、家老の千原は、たとえ側室であろうと、百姓の小僧などを、と難色を示す。信近は、唯は自分の後添えの連れ子で天野家の養女だと主張、三男か、いや次女なのかと二人が揉める中、忠清が「側室ではなく、唯を正室として迎えることを許してほしい」と願い出たため、上座の三人は絶句する。

 忠高の猛反対に遭い、唯は落胆するが、忠清は「お前をめとると決めたのはわしだ。何度でもぶつかって、認めてもらう」と唯に約束する。

 「では私は、若君様に相応しい姫となるよう、頑張る。」と」、唯は厳しい花嫁修業に臨むことに。

 

父の謝罪

 怒りの治まらない忠高に信茂は「お怒りはごもっともだが、この機を逃せば、今度はいつ妻を迎える気になるだろうか。となればお世継ぎの誕生も先のことになるだろう。」と忠高をなだめ、「ここからは独り言だが」と前置きして「唯という娘には不思議な力があるような、はるか遠き所から参った守り神ではないかと思える。いっそ守り神をご正室に迎える、というおつもりでお許しになってはどうか。何よりも若君がそれを強くお望みである。ここからは、殿がご自身の目で見極めになられては」と忠清と唯に甘い所を見せる。

 手習いに弱音を吐き、吉乃に叱られながらも「若君に相応しい姫になりたい、殿に認めてもらいたい」と頑張る唯を、物陰から窺う忠高。

 忠高はまた天野家に身を寄せている久と成之も訪ねる。

 母が城下に住むことを許してほしいという成之に「ならぬ」と言う忠高。絶句する成之と身を縮める久に、忠高は「お前の母じゃ、城にて共に暮らせ」と声をかける。また忠高は「毒を盛ったのは自分ではない。後々のことを考え、誰かが忖度してやったことではないかと思うが、全ての責めは自分にある。許せ。」と久と成之に頭を下げる。

 忠清の粘り強い説得の甲斐あって、忠高はついに唯を正室に迎えることを許す。藤尾による唯の奥方修業はさらに厳しいものに。

 

「これからは、わしがお前を守る。」

 如古坊は諸国を巡り、成之の役に立てるようになりたいと旅立っていった。見送る成之の許へ「思いがけず長居をしたが、松丸へ戻る」と阿湖姫が別れの挨拶にやってくる。婚礼もならず、一人御父上の許へ帰るのはつらいだろうという成之に「成之様は意地悪じゃ。」と涙ぐむ阿湖姫。突然現れた唯に阿湖姫は「成之様に、出戻りはさぞ辛かろうと言われ、腹を立てた」と言いつける。成之は「どうせ恥をかくなら次の春まで待ってはどうか。西の丸に大層美しい桜の木があるとか。皆で花見をしませぬか。」と提案する。

 作法の稽古を抜け出したことを吉乃に叱られる唯は「若君のために」と自分に言い聞かせながら、不意に「ご正室とは?」と疑問を抱く。吉乃に「若君様のおそばで、ずっと若君様をお守りする、それがお前の望みだったのだろう?」と言われ、唯は考え込む。

 こっそり忠清の許を訪れた唯は忠清に「奥方になったら勿論奥方の務めに励むが、戦の時には一緒に行くことを許してほしい」と頼みこむ。自分の願いは若君のおそばで若君様をお守りすることだが、その二つのうちどちらか一つを選ばなければいけないのなら「奥方になったら戦はダメだというなら、私は結婚という形にはこだわらない。」涙ながらの唯の嘆願に忠清は「心得た、許す。」と答える。「なればわしは二度と戦のなきよう尽くすのみじゃ。お前を戦場に出すことのないようにの。これからはわしがお前を守る。」忠清は唯にそう約束する。

 「唯之助の脇差じゃ。」三之助は母が携えている物を見たことがあった。持っていた吉乃は「若君様からお預かりしたのです。大切にしまっておくようにと。」

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用