裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2020/07/25 06:10「メゾン・ド・ポリス4 殺人容疑の退職刑事」加藤実秋

 退職警察官専門のシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」の住人と現役警察官牧野ひよりが事件解決に奮闘する人気シリーズの第4弾。 

 4作目の本作で、メゾン・ド・ポリスの雑用係夏目惣一郎が、子供の頃に交通事故で孤児となった経緯と親代わりとなった男性との関係、そして事故の真相にせまる。 

 夏目が山陰の小さな港町の出身だそうだが、この故郷の冬の空気感と言うか、空の描写はリアルだ。実際に山陰地方を訪れたことはないが、同じ日本海側に住んでいるからよくわかる。 

 4作目だからか、惣一郎とひよりの間に流れる空気が時折濃くなるが…結構この二人は年が離れているので、どうなんだろう? 

この巻ではまた、彼女の隠れ家的憩いの場であるカクテルバー「ICE MOON」の存在がメゾンの住人達にばれてしまった。ひよりにはまことに気の毒なことであるし、今後のお店の行く末も案じられる。 

 どういうわけか、元警官と現役警察官なのに、若竹七海よりコージー度が高い。

 

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用