裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2020/08/05 05:59「カッティング・エッジ」ジェフリー・ディーヴァー

 読み始める前に、登場人物の紹介ページで感無量になる、というのは結構珍しい経験だ。 

 J.ディーヴァー著リンカーン・ライムシリーズ第14作「カッティング・エッジ」の主な登場人物のページに 

”アメリア・サックス・・・ライムの妻 ニューヨーク市警刑事”とあるのを見た時は「おぉ、遂に。長かったー」と読む前からため息が漏れた。 

 面白いことにこの二人、相手の呼び方が一定ではない。「ライム」「サックス」の時もあれば「アメリア」「リンカーン」の時もある。どんな基準で分けているんだろう?今後読み続けていくうちに気付けるだろうか。 

 いきなりラストに近いシーンの話をするが、ライムがマシンガンを肩から下げ、ヘルメットを左手に持った妻の姿を「(緑色のドレスもあでやかだと思ったが)出動服も負けないくらい魅力的だ」と思うくだりがある。確かにお宅の奥さんは元モデルだから当然だけど、こんなのろけ方はねぇ。ライムでなければ「けっ」と思うかもしれない。 

 物語はダイヤモンド専門店で3人の男女が殺されるシーンから始まる。殺されたのは店の主であるディアマンテ―ル(ダイヤモンド加工職人)と顧客のカップル。そして怪我をしつつも、犯人と警察双方から逃げ続ける目撃者。なんなんだ、こいつは? 

 犯行の目的は店主が保管していた高価なダイヤ。犯人像としてはダイヤモンド市場の不条理に憤るイカれた奴かと思っていたら、真相は二転三転し、最後はまたもやあの男に到達する、という物凄い展開。前作のイタリアからホームグラウンドのNYに戻ったライムだが、前作で生じたAIS長官ダリル・マルブリーとの連携が新たな人脈として登場する。二段組400頁超。決してボリュームは軽くないが、テンポが良いのでサクサク読める。読むスキルが落ちる一方の身だが、それでも波に乗ったら4日で読み切った。

 

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用