裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2020/09/05 06:21「秘密の森」Season2 第四話 2020.8.24

 検警協議会、第一回。

 真っ先に部屋に到着したのはシモクだった。続いて警察庁情報部長のチェ・ビッとヨジン、チャン・ゴン。最後にウ・テハ、キム・サヒョン、シン・ジェヨン。

 会議はまず令状請求権をめぐって激しい応酬が交わされた。関連する法律の制定の歴史的経緯にまで話が及んだところで、「最近の話をしても?」と前置きしてチャン・ゴンが話し始めた。

 チャン・ゴンは数日前、不動産詐欺の容疑者の身柄を確保するために深夜の街を駆けずり回った挙句、管轄のソウル検察局西部支部から逮捕令状が得られなかったため、結局は容疑者を釈放せざるを得なかった事例を披露した。「何も変わっていない。いつまで待てばいいと?」詰め寄る警察側に対し検察側は釈明するが、結局会合は物別れに終わってしまう。

 一方ハンジョグループ会長イ・ヨンジェは、ソンムン日報による敵対買収を阻止するため必死だった。ソンムンはこの買収に充分な資金力があるとは思えない。一体後ろ盾は誰なのか?重役たちが訝る中、ヨンジェは「名誉会長である父、イ・ユンボム」と名前を口にする。父と娘は2年前のあの事件以来絶縁状態で、イ・ユンボムは今も娘を許していなかった。

 食事をしながらそれぞれ今日の反省会をする検察チームと警察チーム。シモクとチェ・ビッにそれぞれ電話で連絡が入る。

 あくる日イ・ヨンジェはシモクを車で拾い、車中で話をした。シモクの協力は得られないと悟ったヨンジェは、ソ・ドジェを呼び出し、イ・ユンボムに会ってくるよう依頼する。

 一方、チェ・ビッは昨夜、検察が警察の不祥事を探っているらしい旨、報告を受けていた。彼女は早速その件をヨジンに話し、彼女はシモクと再会した時の会話の内容から、検察が調べているのは警察官の自殺の件だと見当をつける。現場に向かい署員に聞き込みを行ったヨジンは、死因は自殺ではなく他殺だったと判断、チェ・ビッに報告する。

 

 くどいようだが、なぜ検事さんたちはコートを脱がないのだろう?

「現場の捜査員の参加」というチェ・ビッの作戦は見事的中した模様。

 顔合わせに続き、反省会でもノリの悪いシモク。「酒も煙草もやらず、スポーツにも関心がない。一体何が楽しみだ?」と理解できない様子のキム部長。ところでこの方、よく見たらキム・ヨンジェだった。いやいや、キムン国のスニムン王(帝王の娘、スベクヒャン)とこんなところで再会しようとは!若干顔が丸く(?)なっていてすぐには分からなかった。

 さて、チャン・ゴンの発言でポイントを稼いだかに見えた警察チームだが、警官同士の殺人という異例の事態に頭を抱えるチェ・ビッはこの事態をどう乗り切るのだろう?

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用