裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2020/09/20 16:48「秘密の森」Season2 第九話 2020.9.12

 前回ファン・シモクがサンドイッチを放り出して駆けだす直前のこと。

 シモクはキム・サヒュンと事件のことを話し合っていた。もしソ・ドンジェが遺体で見つかったとなれば、捜査権をめぐって警察と検察は全面戦争になる。ウ・テハはチェ・ビッに探りなど入れてないそうだ。聞いたらそう返事した。ところでソ・ドンジェに対するウ・テハの心配は格別だ、いや、部長はソ検事のことを心配しているからって、親しいとは限らないのでは?自分も親しいわけではないです。そんな話をしながらテイクアウトの昼食を待って、食べようとした矢先、ヨジンから連絡を受けたシモクは龍山警察署へ向かったのだった。

 メッセージは龍山署の若手刑事、サンチョルのスマホに届いた。「復讐した。遅すぎた。」という手書きのメッセージと血だらけのネクタイの一部。捜査員は口々に「なぜ現物を送り付けてこないのか?」「鮮血のようでは?」「背景は床だろうか?」そして「なぜ、こんなことを?」と意見を言い合う。ヨジンが警官自殺事件の関係者の警察官全員のアリバイの確認を指示したところにシモクが到着した。

 ソ・ドンジェの担当案件をすべて洗い出さなければ、だが検察は全てを開示するとは思わない。そっちは検事さんにも協力してもらう必要がある。捜査員は一斉に動き出した。更にシモクはチャンゴンに、ソ・ドンジェの妻の通話履歴も入手して欲しいと依頼する。「今に至るまで身代金の要求がないことをどう思うか?」チャン・ゴンは妻に事情聴取した時、シモクが彼女に訪ねていたことをチーム長に話す。

 「遅すぎた・・は何を意味するのか。復讐が遅れた?それとも我々が手遅れだった?」ヨジンは悩む。

 シモクは議政府のソ・ドンジェの補佐役の検事に彼に関するうわさについて尋ねた後、カン・ヨンチョル検事長の許を訪ねた。彼はリクルートに必死だったソ・ドンジェのことを冷たくあしらったことを、後悔していた。

 オ弁護士はイ・ヨンジェ会長のために手を尽くしていた。ハンジョグループも何かと捜査の対象になっていて、足元は危うそうだ。

 ネクタイの画像を確認してもらったチャンゴンは泣き崩れるソ・ドンジェの妻の綺麗なネイルと、週に一度のネイルサロンの予約の書き込まれたカレンダー、そして彼が家を出た直後に彼女が誰かと連絡を取っていたことを不審に思う。

 関係者全員の筆跡が手に入ったところで、シモクたちは似ている筆跡を鑑定することにしたが、シモクが犯人が送ってきた画像に何かが映りこんでいることに気付き、一緒に鑑定してもらうことに。「明日までには間に合わない」ヨジンは明日、マスコミ向けの公式発表をすることになっていたのだった。

 署長の甥であるキム・スハンのアリバイが怪しくなっていた。事件当日立ち寄った店が入っているビルは伯父の所有だということが判明。アリバイ工作の疑いが浮上したのだった。自分の机の二番目の引き出しから資料を持って行けとヨジンに命じたチェ・ビッだったが、シン・ジェヨン局長との会話中に、突然立ち上がって猛ダッシュでヨジンを追った。「私がやる。」ヨジンの手からファイルを奪い返すチェ・ビッ。ファイルの中には、ヨジンに無断でコピーしたソ・ドンジェの通話記録が挟んであったのだった。

 ソ・ドンジェのネットの検索履歴を受け取ったシモクは、「パク・グァンス検事が遺体で見つかる」という記事に注目する。ウ・テハは昼食のために部屋を出たとき、電話中のシモクが「パク・グァンス」というのを聞き、顔をこわばらせる。ウ・テハはシモクの通話の様子を聞きたかったものの、皆にせかされシモクにも「先に行ってください」と言われ部屋を出たウ・テハは、「急用を思い出した。」彼はある女性に会いに向かった。

 

 ファン・シモクの頑固ぶりと、実は彼の行動にふりまわされて余裕を失っているウ・テハの挙動不審の度合いが、キム・サヒュンの表情で察することが出来る。彼は「すいません。」とシモクが謝れば、「なんだよ、君が謝るなんて。」と素直に驚き、またある時はシモクの捜査の行方が徐々に自分や都合の悪いことに近づいてきたことで動揺する「らしくない」ウ・テハの様子に心配そうな表情をする。

 悲嘆にくれながらも週一でネイルサロンに通い、手入れに余念がないドンジェの奥さん。チャンゴンはドア越しに何か聞き取ることが出来たのだろうか?

 シモクが電話で話す内容が気になるウ・テハ。そういえば、ドラマの序盤で、ドンジェはパク・グァンス検事の突然死のことを話していた。こっちの事件も、というかこっちの方が上層部にはアンタッチャブルだったのだろうか?

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用