裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2020/12/01 06:38「クリスマスを探偵と」伊坂幸太郎

 12月になりました。 

 会社のワークシェアリング体制で、なんと一か月全休していたリアルついしょうこは、引き続き今月も全休という、リーマンショック以来の「究極のお茶引いてます状態」となりました。 

 ただ、リーマンショックの時より所得補償が充実している点では、今回の方が救われているな、と感じています。 

 

 ハードカバーのあ行の書架で、サイズがイレギュラーで並んだ本から一冊だけ飛び出していて目を引いたのが伊坂幸太郎文、マヌエーレ・フィオール絵「クリスマスを探偵と」。伊坂ワールドは殺し屋や泥棒が、真面目なのかふざけているのかわからない台詞を吐きながら仕事(?)に精を出すシュールな世界。当然クリスマスの探偵さんも、ほっこりするような展開は望めないだろうな、と思っていたら、これが意外にも探偵カールは対象を尾行し行き先を突き止め、そこで張り込みするだけという地味な展開。 

 館に入っていった対象が出てくるまでの間、カールは近くの公園で時間を潰すことにするが、そこにはベンチに座って本を読む若い男がいた。 

「こんな寒い中、外で読書とは、何かの訓練か」というカールに 

「寒さと暗さでもうお手上げでした」と苦笑するする男。クリスマスの宵のひと時、二人は取り留めのないおしゃべりを始めるのだが、時節柄サンタクロースのことに話が及んだのをきっかけに、カールは子供の頃のクリスマスの思い出を語りだす。今回の依頼人と、今尾行している対象と、そして自分。プレゼントのこと、両親の不和。家を飛び出したこと。クリスマスのまつわる苦い記憶がカールの胸に蘇ってくる。 

 最初はただの聞き役だった男は、途中からなにやら合いの手が積極的になり始め、しまいには「にわかカウンセラー」のようになって、一見こじつけとしか思えない変な仮説を展開し始める。やがて館から出てきた対象は、なんとサンタクロースの扮装をしていた。 

「もっと家の近くで着替えればいいだろうに」とカール。 

「ですね」と男。 

やがて男の連れがやってきたことで、カールは彼を見送る。 

 伊坂さんだからシュールな減らず口が次々と飛び出すんだろうな、という予想を裏切って、ラストは中々ハートウォーミングな結末だった。

 

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用