裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2013/01/28 22:28グローバル化する海外ミステリー ドイツ編 

 ここ数年の海外ミステリ出版の動きの一つに、英米語圏以外の作家の作品の刊行が増えたことがある。「ミレニアム」をきっかけに一気に盛り上がった北欧勢に続いて、ドイツからはシーラッハやこのフェツェックなどが続々上陸してきた。面白そうな本、特に海外の作品を見つけ出すコツの一つに、出版社のコンセプトが明確なシリーズを手掛かりにする、という手がある。
 ミステリーならハヤカワポケットミステリブック。今回「新しく入った本」の書架にセバスチャン・フェツェック「アイ・コレクター」を発見した。タイトルで引っかかる、というのは新聞の広告、書評、以前読んだ本の巻末の広告、過去に「このミステリーがすごい!」でランクインしていた、のどれかであることが多い。ちなみに「アイ・コレクター」は「このミス」に掲載されていた。警察の見当たり捜査もこれに近いのではないだろうか。
 主人公のツォルバッハは元警察官。交渉人として活躍していたが、ある事件をきっかけに退職し、現在はベルリンで新聞記者をしている。物語はまず母親を殺し、子供を連れ去り、父親に探させて45時間7分以内に発見できればよし、できなければ犯人は子供の死体から左目を持ち去る、というベルリン市民を震撼させる連続殺人事件が発生するところから始まるのだが、ツォルバッハは犯人「目の収集人(アイ・コレクター)」の罠にはまり、容疑者として警察に追われる身となってしまう。やがて彼は潜伏しようとしていた隠れ家で出会った特異な能力を持つ盲目の女性の協力を経て独自に捜査をはじめるのだが、事件は思わぬ方向へ転がりだす。
 「アイ・コレクター」の注目すべきところはまず、章立てとページがすべて逆になっている。405頁のエピローグから始まって1頁のプロローグで終わるのである。当然何それ?と思うのだが、読み終わるとおぉなるほど、と納得できる仕掛けになっている。
 余計なお世話かもしれないが、鈍い私でも冒頭の数章で真犯人の目星がつき、しかも当たってしまった。加えて本文中で犯人を「目の収集人」としているならばタイトルに英語で「アイ・コレクター」はないだろう。原題か、もう少し気のきいた邦題が思いつかなかったものか、少し残念である。 ただ、下らないケチをこれだけつけておいて何だが、動機やストーリー展開は全く予測不能だったので面白さが台無しになったわけではない。作品そのものはとても楽しく読めた。
 現在、フェツェックは本作の続編となる第7作を執筆中だというが、どうなんだろう? そもそもツォルバッハはあのような結末の後、健全な社会復帰は不可能ではないかと心配のほうが先に立つ。この二人がコンビを組んで事件を解決するところがどうしても想像できない。
縁があれば「治療島」をはじめとする既刊の5作はぜひ読んでみたいと思う。


5152_1359211608.jpg

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用