裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2017-11-24 23:24:33.0昭和の少女はみなヴェルサイユを目指す

(画像は裏表紙。マリーアントワネットの寝室。)

 

 ディーヴァーを返した後、主人公の恋愛というめんどくさい要素に疲れてしまった私は新しく入った本の書架で妙なものを見つけた。 

 その本は背表紙ではなく、表紙を前面に向けて立てかけてあり、しかも表紙にタイトルの表記がない。ただ、その表紙は「鏡の間」と呼ばれる世界的に有名な部屋-部屋ではなく、回廊と呼ぶのが正しいらしい-の全景で、つまりタイトルをわざわざ表記しなくてもこれが「ヴェルサイユ宮殿」の写真集であることが一目瞭然、というわけだ。

 昭和の少女漫画の名作、と言えば、何といっても「ヴェルサイユのばら」(略してベルばら)である。

  私はかなりベルばらにハマった一人で、連載終了からずいぶん経ってから、岩波文庫のツヴァイク著「マリーアントワネット」も読んだ。だから舞台であるヴェルサイユ宮殿にも並々ならぬ興味があり、今までも雑誌の特集などを見つければ必ず目を通していたので、ここぞとばかりに手を伸ばした。

 序文によれば、ヴェルサイユ宮殿には公式カメラマンと呼ばれる、宮殿内のどこにでも入ることを許可された方が4人だけいて、今回の写真集は彼らが撮影した映像をもとに編集されている。だから、一般公開している絢爛豪華なエリアはより絢爛豪華に、そうではなくすっかりさびれてしまった観のある部屋もまた趣深くフィルムに収めているところが面白い。

 各頁の写真の下には、かなり詳しい注釈がついていて、誰が使っていた部屋だとか、誰が模様替えを指示したとか、これだけで結構ブルボン王家のトリビアが仕入れられる趣向となっている。先程書いた「模様替え」一つとっても、我々が行うカーテンやカバーリングを変えるなどといった、生易しいものではない。調度品はすべて新調、特注、自分の好みに合わせて絶対妥協はしない。大変な贅沢、浪費だが、多く人の懐が温かくなったことは容易に想像できる。もはや公共事業の域に達しているな、というのが率直な感想だ。

 史実によれば、フランス革命の発端は、ブルボン王家とフランス政府の財政破綻で、破綻の最大の原因は、マリーアントワネットの浪費ではなく、アメリカ独立戦争への参戦だという。たとえそれが事実だとしても、度重なる宮殿の改修工事はやりすぎだと思うが、あの場所に身を置いて、住む立場になってみれば、リーズナブルなお値段で、という感覚のほうが場違いなのかもしれない。

 あまりに美しく、トリビアが満載で読んでも面白い。筑摩書房さんよくぞここまで、と拍手を送りたい。ゆえに貸出期間の2週間、めいっぱい堪能しようと思ったが、難点が一つ。縦26.5cm×横37cm×厚さ3cmと巨大で、紙面が横長のため、置き場所に困り、結局1週間で返却した。

 

 

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用