裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2018-01-20 23:50:11.0韓国を思う その2 韓国司法のポピュリズム

 「法廷の裁判の前に、人民裁判に負けました」

 韓国最大の法律事務所のシニアパートナーの弁護士が依頼人の財閥会長に、係争を断念し和解と示談を勧めるシーンで、件の弁護士がこう言って会長を説得する。パク・シニャン主演「街の弁護士チョ・ドゥルホ」の中のセリフだ。

 昨年3月に朴槿恵政権が崩壊した時の読売新聞国際部次長、豊浦潤一氏の署名記事に「特に憲法裁について旧知の韓国人政治学者は『刑事事件のように証拠と法理を積み重ねるのではなく、政治的判断で結論を出す、というのが法学者の一致した見解』と述べ、世論に影響されやすい特性を指摘した」とある。

 つまり韓国では憲法裁の案件のように、事件が世間の注目を浴びて世論が盛り上がり、市民が「けしからん!被告を有罪に!」とか「これで有罪は非情ではないか、無罪に」とか街頭デモが起こるような状況は、司法当局の判断に影響を与えるというのだ。マスコミが取り上げないだけかもしれないが、確かに有罪、無罪を主張するデモはニュースで見るが、法改正や法整備を訴えるデモ、というのはニュースで見たことがない。

 私は「大衆迎合主義」(ポピュリズム)という概念を一応知っているし、三権でいえば立法と行政のポピュリズムまでは理解できるが、「司法のポピュリズム」は理解不能だ。民主主義国家であることと法治国家であることのうち、優先されるべきは後者であると思うのだが、韓国国民は「大韓民国は法治国家ではない」と自ら世界にアピールすることは、国益を損なうという意識がないし、法曹界には意識改革の必要性が極めて薄そうだ。街頭デモで自分たちの手で政治を変えることができた、と誇らしく思っていたとしたら、それはとんでもない勘違いである。ならず者国家、とまでは言わないが、法治国家ですらない国との外交は、日本にとって厄介なことこの上なく、隣国でなかったらこっちから国交を断絶したいぐらいだ。

 とはいえ日本では、かつてどんなに特捜部が証拠を固めても、世論が「小沢は罪を認め、真実を話せ」ムードでどれほど盛り上がっても、ついに裁判所は小沢一郎に有罪の判決を下さなかった。それについては多くの人に、内心忸怩たる思いがあったと思う。そのくらい日本の議会制民主主義もまた完璧ではないし、改善するには時間がかかるシステムである。

 ただ、それでも私は韓国をうらやましいとは思わない。

 彼らは自分が被告席に座ることになった時、自分の判決、量刑や執行猶予の有無などが、法律の条文や判例より世間一般の思い込みによって決められることや、自分が参加したデモが原因で、見込み捜査や証拠のねつ造や冤罪を引き起こす可能性を怖いと思わないのだろうか。

 私はデモで短絡的に安っぽい成果を得るより、民主主義の一見回り道に見えるめんどくさい手順に耐える必要がある国に生まれたことを、心から幸運だと思っている。

 

追記:昨年放映されたTVドラマ、「秘密の森」(主演チョ・スンウ)は、韓国の法曹界の諸々の問題点を鋭く指摘している秀作だった。韓国でもこんなドラマが放映されるようになったのね、と大変興味深く拝見した。

興味のある方、日本でオンエアされたらぜひご覧ください。 

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用