裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2018-04-08 19:57:03.0フロスト始末・R・D・ウィングフィールド

 R.D.ウィングフィールド「フロスト始末」を読み終わるまで2週間かかった。 

 ボリュームはなかなか。だが、2018年版「このミステリーがすごい!」海外部門で堂々の第1位、文章のテンポが悪いわけでもない。なぜ昔のようにイッキ飲みならぬイッキ読みが出来ないのか・・・ここに来て読みのスキルが急降下したのを痛感する。フロスト警部シリーズを読むと、特に痛切に感じる。 

 第1作「クリスマスのフロスト」を読んだ頃はこうではなかった。作品自体も上下巻ではなく、もっとタイトだったし、次々と起こる凶悪犯罪に対する私の耐久力も、今よりずっとあったような気がする。それもそのはず、2018版「このミス」によれば、第1作が登場したのは94年版。読んでいた私は今より二回りも若かったのだ。どうりで読み終わると疲労困憊するわけだ。 

 

 さて、「フロスト始末」だが、冒頭で犬が人間の脚らしきものを加えて登場してきたのを皮切りに、変死体が次から次へと登場する。かと思えば、幼児の連れ去り、小児性愛嗜好者による画像の交換会、地元のブラック企業であるスーパーマーケットへの恐喝、連続少女強姦事件と拉致事件などなど、デントン市は相変わらず物騒なベットタウンだ。

  我らがフロスト警部の身辺も何やらきな臭い。絵にかいたような俗物のマレット警視がフロストをデントン警察署追い出すべく、スキナーという警部を呼び寄せる。追い出しを食い止められずに自棄になったフロストの思い付きと勘による行き当たりばったりの捜査は極限に達するが、果たしてフロスト警部がデントンを去る日がくるのか?結末は読んでからのお楽しみである。 

 作品紹介では彼が亡き妻との新婚生活を回想し、しんみりするところを見どころとして挙げているが、私のおススメは、何といっても廃業した精肉店での乱闘シーンだ。悪夢を見そうなくらい迫力があるので、できれば寝る直前に読むのはお勧めしない。 

 ちなみに、全作品をよーっく読んでみるとわかるのだが、フロスト警部はグロテスクな死体の話と下ネタは連発するが、案外女性の部下に対するセクハラ発言がかなり少ない。なんだかんだ言って、ジャックはキホン、いいやつ、なのである。

 

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用