裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2017-09-28 21:11:17.0 ピカレスク

 ゴンクール賞はフランスで最も権威ある文学賞だという。今までの受賞作がどんなものか知らないが、昨年の受賞作P.ルメートル「天国でまた会おう」は中々重厚なピカレスク(悪漢小説)だった。 

 第一次世界大戦の末期、上官のプラデルの企みに気付いてしまい、命を狙われたアルベールと、彼の命を助けたために顔面に重傷を負ったエドゥアール。復員した二人は過酷な境遇に突き落とされるが、ある日エドゥアールはアルベールに壮大な詐欺を持ちかける。生来几帳面だが凡庸で気弱なアルベールは恐怖に怯え、罪の意識に苛まれながらエドゥアールに協力するのだが… 

 読み終わって最初に思ったのが「ピカレスクは徹しすぎると、後味が悪いものだ。」ということ。 

 エドゥアールが絵図を描いた大胆不敵な詐欺は、欲の皮の突っ張った小金持ちから大金を巻き上げるのではなく、戦争で疲弊しきった同胞であるフランス国民全員をターゲットに、お金をだまし取るというもので、おいおい、善良な小市民をカモにするのか?と異議を唱えたくなるが、復員兵である彼らの立場からすれば-戦死者は英雄として称えるが、祖国のために命がけで戦い、着の身着のままで戻った復員兵には異様に冷たい態度をとる-国民全体に復讐することのどこが悪い、ということになるらしい。至極もっともな言い分である。 

 小悪党が、かけらほどの良心-もしくは職業倫理-に従い、大悪党に天誅を下すタイプのピカレスクは沢山読んだ経験があるが、「天国で…」は、悪党や曲者ぞろいの登場人物の一人として好感が持てる者がいない、というかなり珍しい現象を体験する。エドゥアールは退廃的過ぎる。二人の元上官プラデル、エドゥアールの父マルセルと姉マドレーヌ。大悪党から子悪党まで悪党もよりどりみどり。一番善人度が高い(と思われる)アルベールは、あまりのヘタレぶりにイラッとしてくる。 

 あぁそうか、これでもかこれでもかと、えぐりだすように書き連ねた、人間の醜い部分-手近なところで、まずは自分自身-から目をそらしてはいけない、という読者に対する作者の叱咤なのかもね、というのが私の見立てだが、どうだろうか。

 

2017-09-15 22:11:42.0 9月15日 CT検査

 朝食抜き、朝一の予約、風は涼しい、当然血行は良くない。ゆえに今日の私の血管はかなり見えにくかった。造影剤のための穿刺はうまくいかず、看護師さんは手の甲に刺し直した。刺し直しなど何とも思わないので、「よくあることですから平気です」「(手の甲の穿刺は)赤ちゃんみたい(可愛い)ですね」と必死でフォローしたが、かえって彼女をを恐縮させってしまった。ごめんなさいね、である。 

 診察のほうは、毎回「お変わりありませんか?」と「はい」であっけなく終わるのは、いくら経過が順調な証拠でも、余りにも話が弾まないのは申し訳ない気がして、今回は若干準備をした。

 で、今回はいつもの問いに「ええと、50(歳)になりました」と答えたら、先生は取り敢えずウケてくださった。誠に優しい方である。

 これだけでは余りにも不真面目だ、とも思ったので、先日のレディース検診で子宮筋腫が見つかったことや、骨密度が大幅に低下したこと、市民健診で体重や腹囲が増えた話をしたところ、「そうですね。筋腫があるんですよね。」とおっしゃる。通常私の定期的なCT撮影は胴体部分全体を網羅しているので、子宮も映っていたらしい。昨今のお医者様は、自分の守備範囲以外のことについてはよほど深刻なケースでない限り、患者に告知しないようである。

 ともあれ、乳腺、肺、肝臓のいずれにも再発、転移は見られず経過は良好ということで、次回の乳腺エコーと採血、診察の予約をして診療費8870円を支払い病院を後にしたが、前回CTで見つかった脂肪肝らしき肝臓の暗く映った部分についてお尋ねするのをすっかり忘れていた。あーあ、である。

2017-08-26 21:36:19.0 開発かくあるべし

 8/25の読売新聞の2面。 

「顔」コーナーには排泄予測機器の開発に挑む中西敦士さん(33)。 

その左には新型ICBM開発を進めている北朝鮮と、開発の現場で上機嫌の金正恩。 

「開発」という共通項がありながら、これほど対極的な「開発」も珍しい。こういう配置の妙が、今まで全く関心のなかった世界を知るきっかけになるから、新聞は不可欠なのだ。

 

2017-08-22 20:38:37.0 もっと落語会に行きたい

 デニス・ルヘインは予想以上に重かったので、次は日本語のものか、翻訳でも少し軽めのものがいいな、と書架に足を踏み入れて間もなく、愛川晶の神田紅梅亭寄席物帳シリーズの第5弾「『茶の湯』の密室」を発見。書架の徘徊は(それでも習慣で一巡したが)十数分で完了した。

 前作の「示現流幽霊」で真打昇進が決定した八ちゃんこと寿笑亭福の助さんは、襲名披露で大忙しでは?と予想していたら、何と作品の中も現実と同じだけ時間が過ぎており、名前も山桜亭馬伝師匠を襲名済み、語り手である妻の亮子さんとの間には、なんと長男雄太君まで誕生していた。驚いたが、真打昇進にまつわるあれやこれやばかりを書き連ねるのは、確かにお話が面白くなさそうだ。馬春師匠ではないが、「ガテン」である。

 構成は話の数がぐっと絞られ、表題作の「『茶の湯』の密室」と「横浜(ハマ)の雪」という、やや長めの短編が2編。個人的な好みからすれば、表題作より後者のほうが面白かったので、こっちが表題作で良かったのでは?と思ったが、考えてみれば作中に出てくる「横浜(ハマ)の雪」は、新作の創作落語。やはり寄席もの、噺家さんつながりです、というところを主張するためにには古典の外題「茶の湯」が必要だ。こちらも「ガテン」。

 

 読み終えて無性に落語を聞きに行きたくなるし、「横浜(ハマ)の雪」実際に上演しているところを見たくなること請け合いである。

 

2017-08-10 22:15:55.0 デニス・ルヘインのエッセンス

 次に何を読もうかなと館内をさまよい歩き、ハヤカワ・ポケット・ミステリの書架に、デニス・ルヘイン「ザ・ドロップ」を発見。「ミスティック・リバー」以来だな、と思って手に取ると、中々ポップで素敵な装丁。厚さも手ごろだな、と借りることにした。

 ポケミスにしては薄めで、気軽に読めるかと思いきや…これが「ミスティック・リバー」をぎゅぎゅっと凝縮した、ルヘインのエッセンスのような作品で、これがなかなかの読み応えだった。

 バーテンダーのボブが、道端で子犬を拾った瞬間、彼の人生が激変する。ところがこのボブさん、従兄の店を手伝う、さえないおじさんのようであり、登場人物のなかで一番の危険人物のようでもあり、最後まで結末が読めない。うわぁ、読者を突き放すような、こんな結末って…でも何かしら救いのある結末を用意したいと思ったら、これしかないのかもしれない。