裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2017-05-17 21:14:47.0 アレックスという女

 P.ルメートル、ルメートル・・・どっかで聞いた名前だな、と思って確かめたらD.ブラウン「天使と悪魔」にあった。ビッグバン理論を世界で初めて提唱者した修道士の名がルメートルだった。 

 さて、「悲しみのイレーヌ」を経て、いよいよ本命の「その女アレックス」である。 

 誘拐事件の被害者の女性は、救出を待たずに自力で脱出した。ところが彼女は警察に何も連絡してこない。追跡中に事故死した誘拐犯の素性を調べていくと、その被害者の女アレックスの驚愕の過去が暴かれていく。犯罪の被害者、あるいは極めて嗜虐性の強い連続殺人犯・・・カミーユたちがたどり着いた真相は・・・絶句、というほかない。 

 被害者、連続殺人犯、そして被害者。アレックスの立ち位置は章ごとに変わる。担当編集者である文藝春秋の永嶋俊一郎氏はこの作品を読んで、東野圭吾の「白夜行」や宮部みゆきの「火車」を連想したと仰っている。確かにミステリーでしか書けない悲しみと感動という点は同感だが、犯行計画が自死で完結する分、アレックスの生きざまは、雪穂や喬子よりはるかに痛ましい。最終章で克明に描かれる、ヴェルーヴェン班による取り調べの過程は圧巻だった。