裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2020/06/29 05:41 アシガール 第11話 後編

「笑うて悪かった」

 悪丸の寝相の悪さに閉口した唯が外へ出ると、忠清も庭に出てきていた。

 改めて助けに来てくれたお礼と、自分のために面倒なことになってしまったことを侘び、阿湖姫が無事と聞き喜ぶ唯。忠清は阿湖姫が「お前を助けるのはわししかおらぬ。お前を想うわししか。」と、自分を送り出してくれたと告げる。

「っしゃ!」

 意を決した唯に、長沢城で明日死ぬかもしれない、明日宗熊と結婚させられるかもしれないと思った時「こんなことなら、もっと早く腹を決めていればよかった」と告白された忠清は「まるで敵陣に切り込む勢いじゃの」とからかうが、唯と抱き合っているところへ、山狩りが始まったと如古坊が知らせてくる。寺にいた若い僧が知らせに走ったようだという和尚の言葉に、一行は如古坊を道案内に先を急ぐことに。

 

「ご武運を。若君様と唯之助をよろしくお願い申し上げます。」

 出陣の前に会いに来た成之に、久は会おうとしなかった。「母はわしが若君のために出陣することに不満のようだ」という成之に「お怒りならば、お会いになってあなたを叱咤なされるのでは」と答える吉乃。成之を見送った吉乃に久は、自分に会えば、成之が迷うのではと心配だったと気持ちを明かす。阿湖姫の代わりに捕らわれた唯之助が吉乃の子と知った久は、吉乃に頭を下げる。

 

「もっといいことを思いついた・・・ごめんなさい。」

 お互いを信用できずにいがみ合う唯と如古坊。如古坊は成之に、高山とは手を切り忠清と向き合ってみてはと助言したが、そのせいで成之に始末されそうになったこと、自分は黒羽城下ではお尋ね者だから、国境のあの山寺で、成之のために高山の動きを監視していたと話す。

 如古坊に呼ばれて視界の開けたところにやってきた忠清たちは、眼下に羽木勢と高山勢が布陣しているのを見る。しかも高山勢は、羽木勢の死角となる山のふもとに、三千の伏兵を忍ばせていた。

 「無用な戦を避けるために自分が高山に投降する」と忠清。唯は自分が最短距離で山を下り、敵陣を抜けて羽木勢に知らせるというが忠清は一蹴する。忠清に食い下がる唯は、悪丸にでんでん丸で忠清を気絶させ、如古坊と悪丸に忠清を託して自分は羽木陣営を目指すことに。

 小柿の羽木陣営では小平太と成之の間に不協和音が鳴り響いていた。間者からの知らせで、忠清が既に長沢城を出たこと、山中に入ったことをつかんだ成之たちは、高山の軍勢は忠清を高山の領内から逃さぬためのものだと察知する。そこへ「高山側から使者が来た。」と知らせが入る。

 

「兄上さん、来ちゃダメ!」

 山を下り高山の兵に紛れ込んで、最前線で羽木陣営に向かう隙を伺っていた唯は、以前成之のところで見かけた武将の坂口が「大将が参るなら話をしても良い、兵を引こうと使いを出した。姿を現した成之を鉄砲で仕留めれば、羽木は終わりだ」と話しているのを耳にする。両軍の間の川の対岸に成之たちの姿を確認した唯は、坂口を突き飛ばし、成之に危険を知らせるため、羽木勢に向かって走る。

 後ろから味方に狙撃されながらこちらへ走って来る高山の足軽をいぶかしんだ成之と小平太が、それが唯之助と分かった瞬間、唯は高山勢に撃たれてしまう。