裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2020/07/11 06:04 「メゾン・ド・ポリス2 退職刑事とエリート警視」加藤実秋

 「メゾン・ド・ポリス」シリーズ第二弾。

 

 第1弾の印象が「これ以上ドラマ化に相応しい作品はないと思うほど、演出のやりがいがある余白の多さ」だっただけに、本作次第で今後も読み続けるか否かが決まるなと思っていた。結果は・・・「あぁ、やっと物語が始まった」。 

 本作でようやく(?)藤堂の別れた二番目の妻で、現役の鑑識課の捜査官である杉岡沙耶さんや、あろうことかドラマでは故人という設定になっていたが、こちらでは失踪中のひよりの父尚人が登場する。思うにこの第2作を第1作にして「なんなんだ、この集団は?」と思わせておき、第1弾は別の機会にエピソード1のように発表しても面白かったんじゃないか、と思ったりした。 

 驚いたのは、ドラマでは会社の不正を糾弾しようとしていた尚人は、事故とも自殺とも区別がつかない死に方で既に故人となっていたが、小説では失踪中となっていて、実は潜伏中も妻とは時々連絡を取り合っていた、ということになっていて「え、それありなのか?」と一瞬引いてしまった。 

 ところで、サブタイトルの「エリート警視」間宮朝人だが、ラストで「青森の五所川原中央署へ異動」という消息が披露されるが、それってどうなんだろう? 

 そんな辞令もらったら、普通の警察庁キャリア官僚は即退社して直ぐに民間企業に再就職する。敢えて陸奥路へ旅立つようなキャリアとなると、「変人」の誉れ高い竜崎紳也(元警視庁大森署署長・隠蔽捜査)ぐらいだろう。