裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2020/08/13 06:10 「アシガールSP」(その2)2020.07.23 NHK総合

「たわけ、それが今生の別れの言葉か」

 何とかして小垣城に入りたい唯は、宗熊の使者として小垣城へ向かう。「若君様!」忠清は駆け寄る唯を抱きとめる。

 唯が宗熊から託されたのは、「今までよう城を守られた」というねぎらいの言葉と降伏勧告だった。

 忠高はじめ羽木家の者が無事黒羽城から脱出できたことを聞いた忠清は、これ以上城を守る意味はないと判断、城の明け渡しに応じることを決意する。

 唯は忠清に、本来黒羽城で今日執り行うはずだった祝言をここで上げたいと願いでる。最初は「先の分からぬ身でお前を妻にすることなどできぬ」と拒んだ忠清だったが、木村にも「四の五の言わず、一生分抱いてお上げなされ」と促され、唯と祝言を上げる。

 明け方近くに目覚めた唯は、忠清にタイムマシンで平成に逃げてほしいと頼むが、全ての責めを負い死ぬつもりの忠清は聞き入れない。唯もまた、どうしても若君を守りたいと逃げることを拒む。忠清はついに「お前が先の世で生きるというなら、わしも生きよう」と約束し、平成へ戻る唯を見送る。

 

「若君の嘘つき、私の大たわけ」

 ひっそりと立つ小さな塔頭の前で、唯は言葉を失った。

 郷土史に詳しい木村教諭の話では、羽木家の惣領九八郎忠清は城を明け渡したのち、一人ですべての責めを負い自刃して果てた。その塔頭はごく最近忠清のものだと判明した彼の墓だと聞かされ、墓石にすがり唯は泣いた。

 5か月が過ぎても立ち直る気配のない唯を家族は心配する。タイムマシンの改良と宇宙線の圧縮には膨大な時間がかかるというのに、覚と美智子は尊に「二人乗り、到着日時は満月の一日前に、時空への影響は最小限に、かつ省エネ設計」と無茶な要求を突きつける。

 失意のどん底にあった唯だが、二人が別れたのは小垣城だったのに、木村教諭に見せられた古文書には忠清はは黒羽城で自刃したとあり、期日も別れの日から半年後だということに気付く。

「別れた後、若君の身に何かあったに違いない。若君を助けるチャンスはまだある!」

 再び戦国時代に戻ると決めた唯は尊にタイムマシンの新調を催促するが、尊は「ムリだ」と悲観的。だが「アンタはここで、未来で命はって仕事しろ」と食い下がる唯の無茶な発言で、尊は両親の要望と送付する今現在の日時を書いた紙を用意し、それを自分で保管することで、未来の自分にバージョンアップしたタイムマシンを開発してもらい、起動スイッチを現在に送ってもらうことを思いつく。

 果たして未来の尊から新型起動スイッチが送られてきた。唯は新しい起動スイッチを使い、戦国時代に戻る。

 

「心得違いも甚だしい、恥を知りなされ!」

 義父となった忠高に挨拶をした唯だが、自分が去った後の忠清の境遇は予想外の辛いものだった。

 唯との約束を守るため、相賀に膝を屈し命乞いをした忠清は、羽木家に害が及ばぬよう事実上の人質として、戦に明け暮れるという屈辱に耐えていた。今では高山も相賀の家来だ、と成之。

「ただ、若君様が生きてさえいてくれたらと」という唯に、吉野は、「惣領のお命とは、ただ生きながらえることではない。その誇りも名も含め、すべてが総領のお命。」と、考えの甘い唯を厳しく叱責する。

 己の無力さに悩む唯だったが、羽木の女たちは意外に元気だった。「思いわずろうても何も始まらぬ。。皆の思いは一つ、羽木を散り散りにしてはならぬと」と久。

 忠高の母の実家、六郷の三ツ木家から羽木の窮状を助けたいと知らせがあり、忠高は六郷へ移ることを提案する。一族郎党のために屈辱に耐える若君を残してはいけないと反対意見で重臣たちが揉める中、唯は「若君を連れ戻します」と宣言する。周囲が呆れる中、「相賀は忠清を気に入ったため、娘婿にすることにした。今日がその祝言の日だ」という知らせが成之からもたらされる。皆に動揺が広がる中、唯は「若君が私たちを裏切るはずがない」と言い切り、皆の励ましに押され忠清奪還のため黒羽城へと走り出す。

「これより六郷を目指す。我らは我らを生きる」忠高は皆を連れ、六郷へ向かうことに。