裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2020/08/28 06:05 「秘密の森」Season2 第二話 2020.8.17

 シモクは大学生の溺死事故について捜査を続けていた。

 学生たちが海に向かった時間が聞き込みで判明していて、動画の投稿日時と比較すると立ち入り禁止区域に侵入したのは明らかカップルの方が先だ。聞き込みに当たった警察官は間違いなくその件は上にあげたという。にもかかわらず不起訴?

 ところでドラマのなかではどうやら警察と検察は長いこと反目しあっているらしい。

で、司法制度改革の一環なのだと思うが、検察と警察による特別混成チーム検警協議会が発足することになったらしいのだが、お互い自分たちが主導権を握ろうと脚の引っ張り合いが既に始まっているらしい。

 検察は警察庁に捜査のメスを入れ、上層部に事情聴取を始めた。上司である情報部長チェ・ビッの許へ駆けつけたヨジンは、チェ・ビッが近々発足する検警協議会のメンバーになったこと、ヨジンを含め彼女の直属の部下3人の中から一人メンバーが選ばれる予定であること、そして「検察側の三人のうち一人は若手の検事を起用するらしい」旨を聞かされる。

 検察をけん制するためチェ・ビッは、溺死した大学生の父親の許を尋ね、今回の事故について再審請求を勧める。

 検察は事態の収拾に乗り出すが、シモクが事件の捜査を継続しているしていることを知ったカン検事長は、彼に事件から手を引かせるために手を回した。その結果、シモクの当初の異動は沙汰止みとなり、突然ソウルの最高検察庁への異動を命じられる。新しい上司となるウ・テハに会いに行ったシモクは、ウ・テハが自分の同僚のキム・サヒュン部長と共に検警協議会の検察側のメンバーになったこと、残る一人はシモクに決定したことを聞かされる。

 シモクの着任初日。ソ・ドジェがウ・テハを尋ねてきていた。彼は警察のスキャンダルになりそうな事案を持ち込むことで最高検察庁に引っ張ってもらおうと自分を売り込みに来たらしいのだが、退室したところでシモクと再会する。

 ヨジンもその日のミーティングでチェ・ビッから捜査局長や彼女と共に協議会への参加を指示される。ヨジンにとっては、先輩格の同僚たちを差し置いての大抜擢だった。さらにチェ・ビッはヨジンに、4人目のメンバーとしてノンキャリで30代の適任と思われる所轄署勤務の警察官を一人、推薦してほしいと依頼する。

 シモクとヨジンは再会を喜び旧交を温めるはずだったが、ヨジンはシモクから「検警協議会のメンバーに選ばれた」と聞かされ驚く。運ばれてきた料理に手を付けようとした矢先、シモクはウ・テハから「キム部長に引き合わせるので今から来い」と電話で呼び出される。

 料亭にやってきたシモクが部屋に入ろうとすると、そこにいたのはドジェだった。

ウ・テハはドジェが持ち込んだファイルをシモクに渡し「この件は君たち二人でやってもらう」と指示する。

 

 大学生の事故とドジェが持ち込んだ警察官の自殺(内部調査を隠蔽しようとした同僚による殺人の疑いあり)は、目下のところ、協議会での警察と検察は主導権争いの前哨戦の道具になってしまっている、ということらしい。

 検察側に不利な行動をとるシモクを、最高検察庁に送り込み動きを封じる。カン検事長、シモクの扱い方を心得ているところはさすがである。

 このドラマのお約束というか、相変わらずシモクは料理を前にすると何かと邪魔が入って、小腹を満たすことができない。サービスエリアではファーストフードを食べ損ね、ヨジンとの再会もお流れになった。ラストでは料亭に呼び出されたシモクだが、ひょっとしてあそこでもご馳走を食べ損ねてしまうのだろうか。