裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2020/10/06 23:28 「秘密の森」Season2 第十三話 前編2020.10.3

イ・ヨンジェ、ウ・テハ、チェ・ビッの腹の探り合いが始まった。

 「パク・グァンス先輩は普段は飲まない酒に手を出すほど追い詰められていた。イ・ヨンジェ会長、貴女が何かしたんじゃないのか?」とウ・テハは問い詰めたが、彼女は否定した。

「私の名前は誰から聞いたのか?ひょっとしてソ・ドンジェ検事?」チェ・ビッの問い、ヨンジェは頷いた。

「よりによってファン・シモク検事に捜査を任せるとは」と嘆く会長にウ・テハは「コントロールできる」と受合う。

 もう一つの部屋ではオ・ジソン弁護士がカン・ヨンチョル検事長を説得していた。

 ハンジョ・エンジニアリングはヨンジェの兄(おそらく異母兄)が任されているらしい。で、彼の不正を検察に暴かせ、グループ内の自分の地位を盤石にしたい、というのが会長の狙いらしい。

 オ弁護士はヨンジェの亡き夫イ・チャンジュンを引き合いに出し、カン検事長に協力を迫るが、検事長は即答を避ける。会談の様子を聞き「疲れた。何もかも一人で対処しなきゃいけない。」憔悴した様子のヨンジェ。

 帰路についたチェ・ビッは、別荘に出向いた時のことを思い出していた。停車している車はカーナビが停止している。一体何が起こったのか?その時、別荘の中から姿を現したのがウ・テハだった。

 シモクがオフィスに戻るとキム・サヒュンが帰るところだった。「腹痛は大丈夫か?」と聞かれ一瞬とまどったシモクは、ヨジンのメールのことを思い出し、「大丈夫です」と答える。偽の目撃者のことを尋ねた後、帰宅するキム・サヒュンを見送り部屋に一人になったシモクは、キムのオフィスに忍び込み、先日目にした写真の床の木目を犯行声明の画像と比較するが、車のキーを取りに戻ったキムと鉢合わせしてしまう。激怒するキムに謝りながらも「次長は以前ソンナム支局に折られたそうですが、どこの部署でしたか?」と食い下がるシモク。「刑事二課だ!」キムはそう言い捨てて部屋を後にした。「偽の目撃者は詐欺の前科があり、ソンナム支局が起訴していた。」シモクはずっとそのことが気になっていたのだった。

 翌日、前日のヨジンの行動を勘ぐるチェ・ビッに完全否定するヨジンに「用心しなさい。ファン・シモク検事とて検事であることに変わりない」とくぎを刺す。ヨジンは犯人を捕まえたいので、引き続き捜査に参加したいと願い出るが、チェ・ビッはこれを却下する。

 カン・ヨンチョルは部下とハンジョエンジニアリングの捜査について検討していた。グループ内の勢力争いに検察を利用する魂胆なのはわかり切っている。「イ・チャンジュン先輩の苦悩したのがよくわかる」とぼやきながらもカン・ヨンチョルは計画に乗ることを、オ・ジソン弁護士に伝える。「上手く行きました。」イ・ヨンジェに結果を知らせるオ・ジソン弁護士。

 西部支局前での発表をテレビで見ながら嫌味を言うキム・サヒュンに「何だ?ついこの間までは何かとファン検事を擁護していたのに」。前夜の二人のいきさつを知らないウ・テハは訝る。

 

 自称するだけあって、キム・サヒュンはコーヒーが大好きらしい。シモクが注目した額に入った家族写真は、かごにまとめられ、その隣にはアロマ・ディフューザー。なかなかおしゃれである。とはいえ、さすがに無断で部屋に入られたことを知った時の剣幕は凄かった。