裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2020/10/11 06:33 「秘密の森」Season2 第十四話 後編2020.10.5

 取り調べを再会したシモクは、いじめられる側の心理を克明に表現して見せる。それはかつての彼自身の経験でもあった。「何とか言え!」シモクは激昂した。「まだ息のある彼をどこかへ捨てたのか!」

 ネットのログイン履歴を発見したヨジンは、キム・フジュンを部屋から引きずり出した。彼は目撃者を装ってネット上に書き込みをしていたらしい。シモクはヨジンを止めようと追いかけてきた父親を阻止しようともみあいになる。ヨジンが息子を乗せて走り去るのを見た父親は、慌てて後を追う。

 キム・フジュンは車の中で過去の辛い心境を吐露していた。音楽関係の仕事がしたかったのに、とにかく勉強しろと父に言われたこと、中学時代から自分をいじめていた彼らとは、卒業すれば縁が切れると思っていたのに、高校時代も大学に入っても付きまとわれ、生活をめちゃくちゃにされたこと。このままでは未来がないと追い詰めたこと。「川なの?それとも山?」ヨジンにソ・ドンジェの行方を聞かれた彼は「山に捨てた。でも場所は分からない」と話し出す。動転し無我夢中だったし、辺りは暗かったので、確かなことは言えないと泣きじゃくるキム・フジュンは、連れてこられたソウル郊外の山で辺りを見回し、このあたりのような気がする、と自供。「父さんにどうして言ってくれなかった?」ヨジンが一斉捜索の手配をする傍で、打ちのめされるキム・フジュンの父。

 捜査範囲の広さと暗闇で捜索は困難を極めた。

「亡くなった学生が、スニーカーを自分で買ったという父の話に、違和感があった。あの時気が付くべきだった」捜索の状況を見に来たチェ・ビッの隣に立ったヨジンは後悔していた。

 ようやくソ・ドンジェ検事は見つかったものの、報道では夫の生死が分からない。ソ・ドンジェの妻はニュースを見て泣き崩れる。意識不明の重体だったが、ソ・ドンジェはまだ息があった。救急車に同乗したヨジンが後ろ手に縛られていた粘着テープを外すと、手首がネクタイで縛られていた。ほどいてみたが、切断された形跡がない。「どういうこと?」

 ヨジンが撮影したネクタイの画像はシモクやチェ・ビッの許へも送られた。画像を見たチェ・ビッは、偽の目撃者を連行するようヨジンに指示する。一方キム・フジュンの供述調書を作成していたチャン・ゴンは、彼が画像は送っていないと供述していることと調書にサインする彼の筆跡を確認し、以前送られてきた画像のそれとは別物であることに気付く。

 偽の目撃者、チョン・ギヒョクの部屋の床は例の画像のものとそっくりで、同様のガラステーブルもあったが、連れてこられた彼は容疑を否認し続けた。取調室にやってきたシモクはチーム長とチャン・ゴンに外してもらい、チョン・ギヒョクに言った。「君は検察になにかコネがあるのか?」シモクは警告する。

「以前逮捕したときに、妙なメッセージを受け取った。君に何かあれば私もただでは済まないと。そういうことなら君も黙ってはいられないだろう?」チョン・ギヒョクはその言葉に動揺する。 

 

 ファン・シモク検事、遂に吠える!いじめられ側の心理を克明に描写しながら、次第に尋問口調で相手を追い詰めていく。こういう時、シモクの右に出るものはいない。

 捜索を見に来た時のチェ・ビッの言葉だが、あれは「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!」という「踊る大捜査線」の青島くんの名台詞ではないだろうか?

 ところで龍山警察署の若手刑事サンチョル君は、意外にもアドリブの嘘が上手い。

 以前先輩たちが「俺、そういうのダメだし。」と慌てる中、突然任されたサンチョル君は困った顔をしながらも、とっさに「送り主が手渡し厳守を指定した配達物」を主張する運送会社の配達員を見事に演じ、今回も水漏れの苦情を言いに来た階下の住人のふりをして相手にドアをあけさせた。意外な才能の持ち主である。