裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2020/10/14 06:17 「秘密の森」Season2 第十五話 後編2020.10.5

 強引にウ・テハの部屋に乗り込んだシモクは、事件当夜の状況を語り始める。部長とパク・グァンスともう一人があそこへ集まり性的接待を受けることになっていた。ところがパク・グァンスが発作を起こして突然死した。買春の事実を隠すため、女たちは即刻帰宅させた。訳ありだから、救急車を呼ぶこともしなかった。

「イ・チャンジュン先輩もこうやって糾弾したのか!それで誰からも尊敬される上司を飛び降り自殺にまで追い込んだ?ファン・シモク、お前は本当に恐ろしい奴だな」。ウ・テハの反撃にもひるまず、シモクは遂に第三の人物が当時の警察庁情報局長、キム・ミョンハンであることを聞き出す。「正式な手続きにかかります」ウ・テハの罵声を浴びながらシモクは部屋を出ていく。

 部屋の外では、ウ・テハの怒号やものを投げつける音に事務官が怯え、キム・サヒュンは部屋を出ていくシモクを見ながら、事の成り行きを心配していた。いつだったか、電話中のファン検事の口から出たパク・グァンスの名前に、先輩はとっさに振り向いて固まっていた。今ハンジョにいる、とファン検事が電話で連絡してきたとき、受話器をひったくるようにして取り上げ話す先輩は、尋常ではない雰囲気だった。何もかもウ・テハが裏で糸を引いていた。キム・サヒュンは沈み混む。

 ヨジンにキム・ミョンハンの収監先を教えてもらったシモクは彼に面会に向かう。その頃ウ・テハは、自身が持つコンパニオンに関するファイルを廃棄するべく奮闘し、コンパニオンのファイルから彼女たちの電話番号を調べていた。彼は長官の執務室へ出向き、計画がファン・シモクによって台無しになったこと、自分は制御できると思っていたが、うまくいかなかったことを報告し謝罪する。

 「この通り、既に私は服役している。」シモクとヨジンを前に元情報局長は重い口を開いた。自分が到着した時、パク・グァンスは既に息がなかった。とにかく女たちを帰さなければならないが、あそこへタクシーを呼ぶわけにはいかないから、自分がタクシーを拾えるところまで車で送っていった。最初から逃げようと思ったわけじゃない。だが、戻ってパクの遺体ともう一度対面するのは気が進まなくて、代わりに当時のナムヤンジュ署署長だったチェ・ビッを向かわせた。後始末を引き受ける見返りに、彼女は情報部長への昇進を果たしたのだった。面会を終えると、二人のスマートフォンにウ・テハから呼び出しがかかっていた。

 到着した二人に、ウ・テハは取引を持ちかけた。あの時事故に見せかける計画を思いついたのはチェ・ビッだ。車を路上に止め、遺体を移し、GPSの履歴やドライブレコーダーを消去したのも彼女だ。黙っていてもらえればあなたのボスを守ることが出来る。私もそれを望んでいるし、君たちにもメリットがある話だ。シモクはスマートフォンの画像をウ・テハに見せた。ウ・テハに張り付いていた龍山警察署の刑事たちが撮った、ウ・テハがあの日別荘に居合わせた女性の一人と車の中で会っている映像だった。結局二人はウ・テハの申し出を拒否する。

 チェ・ビッが帰宅すると、マンションの前で酔ったヨジンが待っていた。ウ・テハから聞いた話は本当かと聞くヨジンにチェ・ビッは「そうだ。早く昇進したかった」という彼女にヨジンは、そんなことをする必要などなかったはずだ、今回ほど早くはないにしろ、あなたならいずれ今のポストについていただろうに。警察官になって初めて出会えた、目標となり、心から尊敬できる上司だったのにと泣きながら訴える。「黙っていてもらうことはできないだろうか。私は局長のおかげで今のポストを得た。今度は貴女の番だ。」というチェ・ビッの申し出をヨジンは拒否し、帰っていく。

 翌朝、早速メディアが動き出した。ヨジンはチェ・ビッに対する告発を行い、シモクはキム・サヒュンにウ・テハの逮捕令状を請求する。ウ・テハは釈明会見の原稿を必死で作成し、プレスルームに向かったが、記者は一人もいなかった。まさに同じ時間、警察庁ではチェ・ビッが辞任記者会見で事件の真相と自分の行動を明らかにし、謝罪していた。

 

ウ・テハ。ドラマの序盤ではガキ大将的なところがちょっと可愛かったのに、おいおいおい・・・なかなかの悪党だ。それにしても元局長、「死体があるところに戻りたくないって思っちゃったんだよな」いや、それってどうよ、である。いくら見返りに出世できるとしても、あれだけは絶対引き受けたくない。

 逮捕状請求のシーンは・・・変な話だが笑ってしまった。

キム:「なんでウ・テハ部長の逮捕状請求を俺に持ってくるんだよ」

シモク:「ウ部長のところに持って行きましょうか?」

キム:「俺の手には余る」

シモク:「「わかりました。決断できる人を探します」

キム:「あぁぁ、もうっ!」どこまでもマイペースなシモクとそれに振り回されるキム・サヒュンだった。