裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2017-04-30 20:16:09.0 皇帝の橋

(あぁ、また画像が巨大化してそまった・・・) 

 

ご無沙汰しております。

 塩野七生「ローマ人の物語Ⅻ・迷走する帝国」の後半を総括するのは難儀なので、今回は「皇帝の橋」だけを取り上げることにした。

 「皇帝の橋」とは、三世紀の皇帝捕囚つまり皇帝ヴァレリアヌスが、ササン朝ペルシャ側に捕らわれ捕虜となったとき、皇帝とともに捕虜となったローマ軍団に、ペルシャ王シャプールが強制労働として課したインフラ工事によって建設された橋の一つである。建設された3本(どうでもいいが、橋の数え方は1本、2本でいいのだろうか?)のうち2本は度重なる洪水で崩壊してしまったが、残る一本は近代まで機能していたという。この橋がバンディ・カイザル、つまり「皇帝の橋」である。

 橋、と単純に書いたが、実際は「橋」と「水道橋」と「ダム」の機能を兼ね備えており、全長550メートル、遺跡となった橋脚41本のうち35本はなんと建設当時のオリジナル。シュスタールという街の郊外にあるそうだが、たぶん今は見に行けないところなのだろう。

 たとえ敵の利になろうとも、ローマの名に恥じない本格的で堅固なものを建ててやろうではないか、このようにでも考えなければやれなかったのではないか、身体の自由は奪えても、精神の自由までは奪うことはできない。そして、精神の自由が誰にも奪うことができないのは、それが自尊心に支えられている場合である。ローマの将兵たちは、自尊心の維持のために建設工事に従事したのではないか。塩野さんはこう述べている。

 度重なる洪水にも負けず、建ち続けること1700年。大した矜持である。この橋、現代の専門家が見ても、河底の活用方法、堅牢化のための工事、橋脚工事の的確さ、水の堰き止めと流出システムの合理性など、どれを取っても驚嘆に値するものだという。