裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2018-06-10 21:09:48.0 「潮」の広告記事ですが…

 65日の読売新聞の雑誌「潮」7月号の広告を見て、ふと思ったことがある。 

 本号のメインの寄稿がどうもおかしい。 

 「いま政治がなすべきこと・日本政治は透明性を取り戻すべき」というタイトルで東京大学先端科学技術研究センターの牧原出教授が寄稿なさっているのだが、このタイトル、かなり奇怪である。 

 「いま政治がなすべきこと」まではいい。問題はそのあとだ。 

 日本政治とはなんだ?日本の政治家とか、日本政府、日本の政界ならわかるけど、私には日本政治の示すものが何なのか皆目見当がつかない。 

 透明性を取り戻す。まるで日本の政界にはかつて透明性があって、それを「取り戻せ」とおっしゃっているように聞こえるが、そんなものいつ、どこにあったというのだろう。 

 そもそも政治は透明が理想的なのか? 

 もちろん透明度ゼロで、何事もすべては闇の中、は困る。かといって全て透明にしたら国家機密はどうなるのだ? 

 一応、私にも意見はあるが、そろそろヤフオクの取引に対処しなければいけないので、この辺で。

 

2018-06-05 20:59:53.0 今月3日の新聞記事から

 6/3、地元に密着した情報が満載の「上越版よみうり」の「まちかど情報室」のコーナーに、イトーヨーカドー・エルマール店で開催された、近日開館予定の水族館「うみがたり」のオープン記念のイベントの記事があった。 

 会場で注目を浴びたのは、伊藤飴店さんがイベント期間限定販売した「チンアナゴ饅頭」ほか海棲生物をかたどったお饅頭の数々。水槽を使ったディスプレイも好評で、写真を撮る方も多かったとのこと。 

 あまりに面白かったので、姪にLINEで記事の画像を送ったら、かなりウケた。 

 ところが、記事にあった「スベスベマンジュウガニ」のことを検索してみたら、驚きの事実が判明。何と本物の「スベスベマンジュウガニ」にはふぐ並みの猛毒があるのだという。続報として姪に送ったら、これもウケてくれた。私の姪は、叔母のこんなしょうもないメッセージにもまともに返事をくれる、よくできた娘である。姉に感謝。

 

2018-06-03 19:31:14.0 6月1日 センター病院外来受診

 長々と無沙汰を致しました。ついしょうこです。今のところ鬼籍には入っておりません。まずまず元気で生きております。

 6月1日は外来受診。手術から2年が過ぎ、いよいよ3年目に入った。

 今まで担当してくださった先生が異動し、今回は新しく赴任された先生との初顔合わせとなった。エコーも今までの担当の先生ではなく、院長が実施。今だから言うが、前任担当者はプローブをゴリゴリ押し付けるので、結構不快だったが、今回はそのようなこともなくささっと終了。有り難いことである。

 先生が代わっても、相変わらず会話は盛り上がらない。あまり盛り上がるようでも困るので構わないが、最後に先生が「3年間、再発や転移が見られなければ、その時点でCTはやめて、診察も半年ごとにしましょう」とのこと。9月の予約をしたのち、3840円を支払い病院を出た。