裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2020/07/29 06:14 「刑罰」F.V.シーラッハ

 段組みなし、213頁、12編の短編集という比較的低ボリュームにもかかわらず、F.V.シーラッハ「刑罰」は読み切るまでに実に時間がかかった。一つ一つの短編が重い。一つ結末に至るたび、みぞおちにドスッと来るものを感じ、時間をかけて気持ちを立て直しページをめくる、その繰り返し。 

 読み終わって表紙に戻り、再びページをめくるとキェルケゴールの言葉。 

「全てが鳴りをひそめているとき、たいていなにかが起きている」 

あぁ、たしかに何かが起きていたんだ、表に噴出してしまったんだ。そんな思いに暗澹となる。 

 終盤まで二転三転する「どんでん返し」がディーヴァーの真骨頂なら、「刑罰」の真骨頂は「奈落」だろうか。各短編のラストで明かされる真実に、ズドーンと突き落とされる感じ。読み手としては、本作は落とされた先が一段と深かった。 

 最後の「友人」で、著者の友人が妻の死について語る。 

「確かに私に罪はないかもしれない。だが、罰を受けるしかないんだ。」 

ところがそこに至るまでの11篇を読むうちに、 

「罪を犯したことは明らかなのに、刑法上有罪にできない。」 

「罪を犯したことは明らかだが、ではこの場合、罰せられるべきなのだろうか」 

「法律家の正義とは何だろう、そもそも刑法は正義に味方しているのだろうか?」 

この類の自問自答が頭の中を回り始めたら、あなたは危険な状態に陥っている。 

 現役の、そして高名な刑事事件弁護士も自問自答に堪えきれなくなったのだろうか。友の死をきっかけに彼は執筆活動を始める。自分の依頼人たちを回想し、 

「彼ら、彼女ら(依頼人)の孤独感と疎外感、そして自分自身について愕然としていたことを」思い出し、罪と罰と正義について読者に問いかける。 

 

「MIU(機動捜査隊)404」で「刑罰」に触れたので、急いで推敲。 

ディーヴァーの「ブラック・スクリーム」と「カッティング・エッジ」は諸々の理由により、長くペンディングの憂き目を見ている。文中でディーヴァーに言及しているのは、読んだ順番で下書きをしたことの名残りである。

 

2020/07/25 06:10 「メゾン・ド・ポリス4 殺人容疑の退職刑事」加藤実秋

 退職警察官専門のシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」の住人と現役警察官牧野ひよりが事件解決に奮闘する人気シリーズの第4弾。 

 4作目の本作で、メゾン・ド・ポリスの雑用係夏目惣一郎が、子供の頃に交通事故で孤児となった経緯と親代わりとなった男性との関係、そして事故の真相にせまる。 

 夏目が山陰の小さな港町の出身だそうだが、この故郷の冬の空気感と言うか、空の描写はリアルだ。実際に山陰地方を訪れたことはないが、同じ日本海側に住んでいるからよくわかる。 

 4作目だからか、惣一郎とひよりの間に流れる空気が時折濃くなるが…結構この二人は年が離れているので、どうなんだろう? 

この巻ではまた、彼女の隠れ家的憩いの場であるカクテルバー「ICE MOON」の存在がメゾンの住人達にばれてしまった。ひよりにはまことに気の毒なことであるし、今後のお店の行く末も案じられる。 

 どういうわけか、元警官と現役警察官なのに、若竹七海よりコージー度が高い。

 

2020/07/22 06:25 「メゾン・ド・ポリス3 退職刑事とテロリスト」加藤実秋

シリーズ第3弾。シリーズ初の長編である。 

 ところでヒロインのひよりはこれまで1冊に一回必ず危機的状況下で、夏目と「やるのか?」「やります。」と修羅場を乗り切ってきたのだが、今回は爆弾を積んだ車を、被害を最小限にとどめることが出来そうな埠頭まで運転して移動して自分は海に飛び込む。 

 おぉ、ついにひよりがカーアクションまでこなすようになった、感無量である。 

 前作は藤堂さんの元妻杉岡さんが登場したが、今回は昭和のデカを体現したようなおっさん、迫田さんの家族が登場する。迫田さんは定年退職時に熟年離婚してメゾン・ド・ポリスの住人となったものの、今でもメゾンには別れた奥様から季節の折々に好物のお漬物などが届けられており、改善の余地のない絶縁状態ではない、という状態であることが第1作で披露されていたが、今回迫田さんは事件の聞き込みに出向いた場所で息子保仁くんと再会する。しかもその後の展開で保仁くんにも疑いの目が向けられ、迫田さんは息子を疑いつつ事件の真相に迫っていく。 

 先ほどのひよりのカーアクションがクライマックスかと思いきや、そのあとに迫田さんの元妻、葉子さんが語る離婚の真相が驚きだった。私にはこっちの方がクライマックスのように思えた。

 

2020/07/18 21:13 「燃えない親父」2020.07.11フジテレビ系「世にも奇妙な物語」より

 ホラーは苦手なので、松下洸平さんが「世にも奇妙な物語2020夏編」に出演すると知り、うぇぇと悩みながら視聴した。

 結果的に出演作品「燃えない親父」は、「怖い、気持ち悪いホラー」ではなく、「世にも奇妙な物語」ではマイナーだが、決して廃れない「ハートフルな奇妙なお話」だったのでホッとした。ディスクにダビングしてしまったくらい、ホッとした。

 

 陶芸職人松田徹が亡くなった。心不全による突然死だった。葬儀の間も仕事が頭を離れない姉の春香を苦々しく思っている弟の光一。ぎくしゃくする松田家の控室に、斎場の職員鬼瓦が「お父様が燃えません!」と血相を変えて飛び込んでくる。

「何か故人様に心残りがあるのではないでしょうか」という鬼瓦のアドバイスを受けて、松田家の面々は「父の心残り」を推測し対処するものの、どうしても徹の遺体は燃えない。繰り返す火葬のたびに棺の代金がかさみ、皆が焦る中、ついに我慢の限界にきた春香は斎場を出ていこうとする。その背中に光一が「親父の心残りって姉ちゃんのことじゃないの?」と言い放ったのをきっかけに、松田家の親子4人の秘密が明らかになる。

 姉弟のわだかまりも解け今度こそ、と挑んだものの、やはり徹の亡骸は燃えない。「親父の心残り」ってなんなんだ?春香は鬼瓦のネームプレートを見て、15年前の母の葬儀の時のことを思い出し、「ひょっとして」と控室を飛び出していく。

 

 葬儀の場面でのコメディーというのは、ドラマの中の人物の焦りがエスカレートするにしたがって、見ている方も不謹慎な笑いのツボにハマっていく。

 気のせいか役名、陶芸工房の二代目という設定ともに、脚本家の「絶対この役は松下さんにやってもらうんだ」という気合を感じてしまう松田光一は、家族思いの好青年だ。ところが「父が火葬しても燃えない」という異常事態に「親父、窯の温度にはうるさかったからね」とシュールな一言を漏らしたり、「あの店にミンミンちゃんなんていないよ」とフィリピンパブに詳しかったりと、チャラいところも持ち合わせている。祖母が「徹を連れて帰る。幽霊だろうがなんだろうが、わしの可愛い息子じゃ」と騒ぎだしたときには「悪霊だったらどうすんだよ、責任もって最後まで可愛がれんのか」と妙な論理で祖母をなだめる。この「チャラいところとシリアスなところ」の両面、しかもそれが微妙にズレているところを表現する、という難しい要求に応えられる俳優というところで、松下さんが起用された気がする。

2020/07/14 06:05 「MIU404」第二話2020.07.03TBS系

  先日F.V.シーラッハの「刑罰」を読み終わった後、7/3(金)放映の「MIU404」第二話で松下洸平さんが演じていた殺人事件の容疑者、加々見崇を思い出していた。

 ドラマと小説がどう絡むのかというと、「刑罰」の終りで、語り手である弁護士の「私」が自分の依頼人たちのことを思い出すくだりがある。

「彼ら、彼女ら(依頼人)の孤独感と疎外感、そして自分自身について愕然としていたことを」

 この一節を読んだとき、小説の中の彼の依頼人たちと、あの加々見崇という男の心境を思った。

 加々見は殺人事件の容疑者で、犯行現場から逃走し、ある夫婦の車をカージャックする。カージャックされた夫婦はどういうわけか「自分は殺していない」という加々見の言い分を何の根拠も無いのに全面的に信じ、突然加々見に協力的になる。この3人の何とも奇妙な逃避行が捜査陣を翻弄する。 

 彼はなぜ逃走したのか、どこに向かっているのか?聞き込みで明らかになる加々見の同僚と彼の独白から「ひょっとして加々見君は犯人ではない?」という仮説が浮上するなか、追うMIU(機動捜査隊)404の二人は事件の真相と、彼の目的地にたどり着くのだが、そこに至るまでがなんともスリリングだった。

 

 なぜ今頃そんな中途半端なラグタイムを経たTV番組の感想を書くかなー、と思われるだろうが、大した理由はない。ただ松下洸平さんのことを何でもいいから書きたかった、ってことである。

 

追伸:F.V.シーラッハの「刑罰」については後日、きちんとした投稿をする予定です。