裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2013/01/16 22:14 異常な高値とは言うけれど

 新年の築地の初競りで大間のマグロに1億5千万円超の値がついたという。
色々な人がそれぞれの立場で色々なことを言っていたが、皆一様に「異常な高値」だという見解。私はマスメディア、特にTVで放送されるの「皆一様の見解」というのが大嫌いである。絶対真面目に仕事してないだろ、とすら思う。
 そこで、私は独自に価格の検証をしてみた。テーマは
「マグロ1匹1億5千万円。妥当か否か
 食べる側には1億5千万円、確かに高額である。しかし獲る側にとってはどうなのだろう?
 今回初めてわかったことだが、1億5千万円のうち、約1億円が漁師さんに支払われるという。釣った漁師さんの、値段を聞いたときの「漁労長に相談しないと」という言葉、嬉しさや驚きと同時に、ある種の恐怖の表情は印象的だった。決して仲買人やブローカーみたいな人が暴利をむさぼっているわけではなく、私は約1億円も漁師さんに支払われると知って正直なところとても安堵した。
 次に漁のことを思った。具体的には成果と必要経費とリスクの問題である。
 あのように大きく、また良質のマグロは、どのぐらいの頻度で水揚げされるのだろう?
 いうまでもなく、マグロは自然界に生息するものを捕獲するのであって養殖したものではない。常に危険と隣り合わせの冬の漁場に、彼らは文字通り命がけで漁に出ていく。漁に出たからといって、マグロが釣れるとは限らない。漁に出られない日だってある。船上の作業の安全性を高めて、漁の効率を上げるなら船や探知機など設備投資は不可欠だ。燃料の心配もしなければならない。漁協の貸付制度などによる融資や返済は容易なのだろうか?
 海洋資源と和食に対する世界全体の意識の変化もある。マグロの漁獲高をめぐる動きは相変わらず日本には逆風だ。今や寿司はsushiとなり、マグロに限らずローカロリーで健康に良いからと海産物を食べる人口が世界的に激増した。おいしい魚は日本人が独占できるものではなくなってしまったのだ。
 というわけで供された命と供してくれた人の努力を思えば、「異常な高値」も妥当な価格だし、日本人はもっと感謝してマグロを食すべき、というのが今の私の見解である。

2013/01/10 22:07 豚に真珠、猫に小判、そして我が家に一升瓶

先日、父が知人から「何かとお世話になったので」と一升瓶を頂いた。
まずい。
酒の味のことではない。
下戸揃いの我が家では、一升瓶は決して有難い頂き物とは言えない。ゆえに銘柄が有名であるほど困惑度が高い。
通常、飲み残した日本酒は料理に使うのが普通だが、我が家の頂き物の日本酒はその殆どが飲まれることがない。大抵全量が、ごく稀にお猪口で数杯飲んだ飲み残しとして実に九合以上が料理行きという運命をたどる。どんなレアものだろうが大吟醸だろうが、この宿命に大差はない。
 今回頂いたお酒は八海山だった。最も悩ましいケースの一つである。
いくら自分に飲む気がないとはいえ、知名度や人気の高い酒を煮物の鍋にどぼどぼ注ぐ、というのは何やら申し訳ない気持ちでいっぱいになる。これが酒好きの家ならどんなにか喜んでもらえたのにねえ、と何やらお酒が気の毒になってしまう。
運よく好きな方に差し上げることもたまにはあるのだが、我が家の事情をご存じ無い方は、「こんな良い酒を?」と感激と驚きであとからお礼が遣わされたりして、結局悩みが一つ増えただけだった、ということもある。
件の八海山、はたしてお猪口一杯でも酒として「飲む」ことになるか否かは今のところ未定である。

2013/01/05 22:52 画像処理でジタバタ

 遅まきながら、明けましておめでとうございます。
12/21の掲載で初めて画像の挿入に挑戦した。どきどきしながら掲載画面を見てみると・・・
デカい、デカ過ぎる。
あとからトリミングして修正しようと思いきや、どうやったらいいのか見当もつかない。
そこでまず、ファイルに保存している画像のトリミングに挑戦。トリミングはできたが、画像のサイズを調節できない。悪戦苦闘の末、アップしたのが「橘花抄」の表紙である。結果はご覧のとおり。
ところがその時、同時に「バーニング・ワイヤー」の画像をうっかり削除してしまったせいで、画面に巨大な空白が出現している!!ひええっ、とあわててもう一度画像を取り込んだら、なぜか今度は同じような画像が3つも取り込まれている。なんですのん??
やれやれ、と余計な画像を消したら、とうとう順番が逆になってしまった。あぁ、もうやだ。垢ぬけたブログへの道ははるかに遠い。
お願いです。誰か上手な画像の扱い方を教えてください~

2012/12/28 22:20 最近の年末年始

今年の掲載は一応これでおしまい。年明けにはもう少し垢ぬけたブログにしたいな、思う。
大みそかはお約束なので一応紅白を見るが、10数年前頃から見方が変わった。以前は「あぁ、今年はコレが流行ったな」と一年を振り返っていたが、最近は「おぉ今年はこんな歌が流行っていたのか!」と新鮮な気持ちで見ている。自分の年越しライブのため、紅組トップバッターを条件に出場しているという浜崎あゆみのやかましさにウンザリしながらも、大して面白くないのに結局ほとんど見てしまう。
 勝敗の行方を横目で確認しつつ年越しそばをたべ、新年が明けたところで就寝となる。二年参りは行かない。それどころか初詣もうっかりすると行かない。
 「一年を振り返るより気づかされるアイテム」のもう一つは宝島社の「このミステリーがすごい!」。少し前まではその年に読んだ本も結構あったが、最近は「今度図書館で探してみよう」と思うことの方が多い。今年など国内の作品は全くなかった。では今年はどんな本を読んだっけ?と確かめてみると、何のことはない、ほとんどが昨年のこのミス・ランクイン作品だった。来年もこの1冊を参考に何を読むか決めることになるのだろう。
 明けて元日。TV三昧の寝正月の幕開けである。三が日の午前中はロードレース。雑煮やお昼ごはんの支度をはさみながら元日は実業団駅伝、二日、三日は箱根駅伝。終わるころには自分が完走したかのように疲れきっている。
 それが終わる頃ようやくお笑い番組や高校サッカーの間を移ろいながら、笑点の時間を待つ。今年はJCVのおかげでBSの番組を見ることができるため、寝正月を楽しむ選択肢も増えたことになるが、はたして結果はどうなるか・・・は、年明けのお楽しみ。
 では皆様、よいお年をお迎えください。

2012/12/23 23:15 iPS細胞がライムにもたらすもの

北海道が大停電に襲われていた頃、J・ディーヴァーの「バーニング・ワイヤー」を読んでいた。NYの送電網を標的にしたテロが次々と起こる中、メキシコでは宿敵ウォッチ・メイカーの逮捕劇が大詰めを迎えるが、作戦は予想外の結果が待っていて・・・と、ディーヴァーの真骨頂である3回ぐらい用意されているどんでん返しに夢中になってしまった。
 ご存じ無い方のために解説すると、主人公リンカーン・ライムは元NY市警のCSIのトップだったが現場検証中に事故に遭い、脊髄を損傷し首から下と左手の薬指以外の自由を失った。シリーズ第1作「ボーン・コレクター」でアメリア・サックスという相棒を得て今はNY市警の鑑識課の顧問として活躍している。ファンが彼のことを「究極のアームチェア・ディテクティヴ(安楽椅子探偵)」と呼ぶゆえんである。
ライムのこの特殊な事情ゆえに、捜査の実務を担当する面々が文字通りのドリームチームでこちらも素晴らしい。「バーニング・ワイヤー」では最近活躍の場が少なかったフレッド・デルレイがシブく光る活躍を見せるのが大満足だった理由の一つ。ただしもう一人のお気に入り、ローランド・ベル刑事が最後に顔見せ程度だったのはささやかながら不満が残った。彼が2丁拳銃で大活躍するシーンがあったら言うこと無しなのだが、欲張りすぎは下品だ。それは今後に期待したい。
リンカーン・ライムに限らずディーヴァーの作品を読む醍醐味は、悪と向き合う楽しさにある。ストーリーが進むにつれ犯人もしくは関係者全員の悪意、心の闇の部分が明らかにされていく過程は圧巻である。それを長編だけでなく短編でもやってしまうのだからこれはすごい。たとえ短編1篇でも最後に必ずどんでん返しが用意されている。「クリスマス・プレゼント」のような短編集を1冊読むと、逆転劇を10回ぐらい見せられるので、長編よりぐったりする方もいるかもしれない。
追撃の森」(こちらは文庫版)のようにストーリーが追走劇で、追う側と追われる側の視点が交互に入れ替わる時など、追う側の活躍だけでなく追われる側のキャラクターに魅せられてしまう。犯行の手口以外の部分で、犯人が持つ強いこだわりについて語られることが多いのもディーヴァー作品の特徴である。
 最後に「バーニング・ワイヤー」のラストについて。
「時代は変わる。人間も変わらなくてはならない。どんなリスクがあろうとも。何かをあきらめなくてはならないにしても」
「親しくしていたある人物」の、この言葉に触発されて、ライムはラストで重大な決断を下し、実行に移す。現実世界では、山中教授がノーベル医学・生理学賞を受賞したことでもあるし、ぜひライムにiPS細胞による再生医療技術の恩恵がもたらされるといいな、と心から願っている。

5152_135627205100.jpg