裄は短しタスキは長し

数種類のテーマを軸にその時の気分で書きます

2020/06/13 21:08 アシガール 第10話 前編

「わしを守らんとする、たわけたおなごでござる」

 阿湖姫が城へ戻ってきた。「城下で曲者に襲われ唯之助と身を隠していたが、私を逃がすために、唯之助は私と着物を取り換えておとりになった。そのまま行方が分からない。」泣きながら謝る阿湖姫だが、血相を変えて城下へ赴く忠清の姿に驚く。

 目覚めた唯は、立派な座敷に閉じ込められていた。障子に穴を開けて外の様子を窺うと、向こう側に若い男が立っている。

「座敷わらし?」

 朝方、城へ戻った忠清を阿湖姫が待っていた。唯の身を案ずる阿湖姫に「高山の仕業なら、阿湖姫と思い込んでいる間は、唯之助は無事のはず」と答える忠清。阿湖姫は忠清が既に、唯之助が女だと気付いていたことを知る。「名を唯と申す。足軽のなりで戦場でわしを守らんとする、たわけたおなごでござる。」なぜ、阿湖姫の正体が見破られていたのかを訝る忠清に、阿湖姫は、身を隠している時に聞いた曲者の会話に、成之の名が挙がっていたことを思い出したと話す。

 

「飼いならしてきた~」

 侍女たちの厳重監視下で朝餉を頂く唯は、「阿湖姫と間違われている、人違いとわかったら」と悩む。一方、障子の向こうにいた昨夜の若者とは言葉を交わすことができた。実はこの「くま」こと宗熊こそ、高山の嫡男だった。人違いとは知らず、すっかり唯が気に入って浮かれる息子を、父高山宗鶴は厳しく叱責する。

 

「卑怯なものを人は決して仰ぎはせぬ。」

唯の居所を聞き出すため、久の住まいを尋ねる忠清。家督だけではなく何事にも執着しない忠清に、積年の憎しみをぶつける成之。忠清は「哀れな方だ。自分への憎しみなら、自分へ向ければいいものを、阿湖姫や唯を苦しめるしか術を知らないとは。」兄上は人の上には立てぬ、と言う忠清に成之は逆上し、遂に二人は刃を交える。成之から、唯が高山の本城、長沢城にいるはずだと聞かされた忠清だが、黒羽城からの知らせで松丸家から阿湖姫の兄、義次が来たとの知らせを受け、城へ戻ることに。忠清は久を城へお連れする、と告げる。成之を助け、かばうために手向かいした久に短剣を返しながら「私には命を賭けてくれる母はいなかった」と忠清。

 今、身柄を押えている阿湖姫を、息子の嫁に。高山宗鶴は、何としても羽木家と松丸家が手を組むことを阻止し、松丸を味方につけようとしていた。

 忠清の指示で、病がちの久は天野家で預かることに。信茂は信近に、吉乃に世話を任せるよう指示する。

2020/06/09 22:30 アシガール 第9話 後編

惣領と、孤独と

 戦国時代に戻り天野家に顔を出した唯は、早速小平太にレンコンのはさみ揚げを勧める。

 半年ぶりの天野家では「おふくろ様」吉乃は「小平太パパ」信近と再婚し、小平太に「母上」と呼ばれていた。忠清から唯は生まれ故郷へ帰ったと聞かされていた吉乃だったが、婚儀をぶち壊すつもりで戻って来たという唯を「婚儀のことは若君様ご自身がお決めになったことゆえ、決して邪魔をしてはならない」と厳しく戒め、半年の間の出来事を話す。

 唯が去って間もない頃、忠清は家督は成之に譲り、自分は和平の道を探りたいという意向を表明した。忠高は激怒し家中が騒然となる中、羽木は二度も高山勢の奇襲に遭い、忠清は惣領として全軍を率いて出陣していたのだった。今の忠清は自らの望みを諦め、羽木家を継ぐ覚悟を決めて阿湖姫との婚儀に臨もうとしていた。吉乃は「お前がどれほど若君を想っているかは分かっているが、婚儀のことは家臣領民、そしてご自身のために若君様がお決めになったこと。邪魔をしてはならない。」と唯を諭す。

 忠清と阿湖姫の仲睦まじい様子をのぞき見し、自分が入り込む隙間がないことに唯は傷つく。

 

「どこまでもお供します。私は羽木九八郎忠清さまの足軽だから」

 小平太の食べ物の匂いに気付いた忠清。「遠来の客が持参していたレンコンが大層美味で。」という言い訳で、忠清は唯が戻ってきたことに気付く。池のほとりで再会した二人。「わしがどんな思いでお前を帰したと」忠清は唯を抱き締める。

 尊が一往復分の燃料を貯めてくれたこと、本当は阿湖姫との婚儀をぶち壊しに来たこと、でも今はそれが不可能だと分かっていることを話す唯。「若君様が私のことをどう思っているのか聞きたかった」という唯の言葉に、「わしは、心からお前に礼を申さねばならぬ。羽木家惣領、九八郎忠清として」

 「っしゃ!」唯はタイムマシンを池に投げ捨てる。驚く忠清に「こっちに来たら二度と戻らないって決めていた。会えなくなるのはもう嫌だから。私の気持ちは変わりません。どこまでもお供します。私は羽木九八郎忠清さまの足軽だから」自分の気持ちを全て伝えることができた唯は、忠清を残して立ち去る。

 

「現(うつつ)を逃げる、お前の弱さじゃ」

 息子と酒を酌み交わす忠高は、後を継がぬといった時は、忠清の成敗も辞さぬ覚悟をしたと洩らす。なぜ、あのようなことを言い出したのかと尋ねられた忠清。「夢を見たのです。戦のない世の夢を。」親と子が、兄弟が仲睦まじく暮らす、のちの世の夢を。ただ一人の妻をめとり、子をなし、穏やかに暮らす。

「なるほど、夢じゃ。うつつを逃げる、お前の弱さじゃ。」と忠高はつぶやく。「二度とあのようなことは申しません」と忠清は答える。

 

高山宗鶴の陰謀

 一旦は自分に家督を譲ると言っておきながら撤回した忠清に、成之は憎しみを募らせていた。高山方の坂口は、松丸と手を組みたいと思っている高山宗鶴は、忠清と阿湖姫の婚儀を阻止したい。阿湖姫を拉致する計画を持ちかけられる成之に、如古坊は高山とは手を切り、忠清に従う道もあるのではと成之に進言するが、成之は如古坊を襲う。母の久も、如古坊の進言は裏切りだと憎しみを募らせていた。

 

阿湖姫襲撃

 借りていた着物やかつらをあやめに返しに行く矢先に阿湖姫に呼び出された唯。「奥方になるのだから、城下を見ておきたいので一緒に連れて行ってくれ」という姫に女中姿の変装をさせて共に城を出るが、阿湖姫が何者かに連れ去られそうになる。身を隠すことは出来たが、追手に囲まれてしまった二人。唯は阿湖姫を逃がすため、着物を取り替え自分はおとりになることに。着物を脱いだ唯を見た阿湖姫は、唯が女であることに驚く。女中姿で走り出し、追手を引き付けた唯だが、追手に見つかり捕らわれてしまう。

 同じ頃、黒羽城内では忠清の許に「阿湖姫様づきの侍女たちが、姫様の姿が見えないと騒いでいる」と知らせが入る。更に門番の話では「阿湖姫様づきの侍女が一人、足軽の唯之助を共に城外へ出た。」と。

2020/06/06 10:02 アシガール 第9話 前編

「戦のない世で幸せに」 

忠清からの手紙には

「嘘をついてすまない。お前には戦のない世で幸せに暮らしてほしい。わしもこちらの世で必ず生き抜いてみせる。」とあった。若君のいない世界なんて生きていても意味がないと、沈み込む唯。

 「ここんところの色々に比べたら超ラクでした。」と久しぶりに登校した尊は、金メダルをくわえている姉の写真が亡くなっていることに気付く。

「若君はそういうの喜ばないと思う。若君が好きなのは、きっと元気なお姉ちゃんだと思うから」

 忠清の気持ちを知った唯は、燃料を貯めるのに必要な時間を尊に尋ねる。1回の移動なら2か月、往復だと4か月、圧力をかけ濃縮するのに3年。忠清の告白をどうしても直に聞きたいという姉の熱意に負け、尊は燃料を貯めることに。

 

「発掘は発見ではなく、再会だ」 

 「新しい歴史の資料が見つかった。」木村先生が見せてくれたのは、松丸家の当主から羽木忠高へあてた書状だった。永禄三年三月、高山との戦に勝ったことへの祝いと、戦の間先送りになっていた惣領忠清と松丸家の阿湖姫との婚儀を執り行おう、という文面に唯はショックを受ける。大騒ぎする唯を宥めるために、木村先生は、小柿城近くの古戦場の発掘調査で見つかった紙片を渡す。それは忠清が持ち去った、セピア色になった唯の写真だった。

「お前によく似ている。俺は思うんだが、これだってお前のご先祖がお前に会いに来てくれたんじゃないかと。

発掘は発見じゃなく、再会だ。」

 若君に会うためにもう一度戦国時代に戻る。そして婚礼をぶち壊す。唯は決意を新たにする。

 

「走って走って、若君を守り抜きたい」

 家では早く燃料を濃縮しようとと思った尊が圧力を10倍に上げたせいで、ラボが爆発。「今から燃料を貯め始めたらどの位かかるのか、装置が元通りになるのに何年かかるのか?」と聞く唯を、美智子は、無理な話だ、所詮同じ世界で生きていけない相手に、なぜそうまでしてこだわるのか、諦めろと止める。だが意外にも尊の答えは「今夜。満月だからとぼうと思えばとべる。二度と燃料を作ることは出来ないけど、タイムマシンは壊れていないから」半年で貯めた燃料は2回分。

 美智子は猛反対、覚も必死で宥めるが、唯は木村先生にもらった写真を取り出し「若君はあの場所で生きていた。そしてこうやって会いに来てくれた。だから私は会いに行く。」と唯は譲らない。

「私は走って走って若君を守りたい。」

 尊には新兵器「金の煙玉」と「煙の中で視界が効くゴーグル」を、覚にはレンコンのはさみ揚げを渡され、唯は「これで思いっきり婚儀をぶち壊すことが出来る」と叫ぶ。意外な真意に慌てる覚と尊だが

「思いっきりぶち壊してきなさい。好きなだけ走って、好きなだけ暴れて、そして今度こそ若君と一緒に」

と美智子は叫ぶ。

2020/06/02 19:36 アシガール 第8話

警固役に昇進!

 忠清の命を救った功を認められ、唯は忠清の警固役に昇進。天野家に寄宿し武者修行を始めるが、なかなか思うように上達しない。

 忠清は怪我の治療で不在中に黒羽城に到着していた婚約者の阿湖姫と対面する。

阿湖姫と再会

 厩の悪丸たちのところに顔を出した唯は、遠駆けに出たいので馬を借りたいという阿湖姫を見かけ、山中で水を施してくれたのが阿湖姫だったことに驚く。阿湖姫に部屋に呼ばれた唯は、対面した忠清から「婚儀を延期したい」と申し出があり、「私のことがお好みではないようだ」と悩みを打ち明けられる。侍女のかめの話では、忠清が「鐘ヶ江のふき」という娘にご執心のようだと教えられ、唯の心中は穏やかではない。唯は阿湖姫に「時々話し相手になって欲しい」と頼まれる。忠清の様子が気になって落ち着きのない唯を、吉乃は厳しく叱る。 

「こちらの気持ちがなぜ分からぬ」

 高山の不穏な動きに緊張が走る黒羽城内。次の戦では成之が先陣を務めることになったが、信茂からその件を聞かされた唯は、成之を追い、国境近くの山中の庵へ向かう。そこには如古坊と高山方の武将坂口がいた。唯は先陣を率いた成之が高山勢と合流し、黒羽城を攻める手はずになっていることをつかむが、成之たちに見つかってしまう。忠清に知らせるために急いで戻った唯だが、如古坊に捕まり成之の部屋に連れ込まれる。

 吉乃のところで信近から「酔いつぶれた唯之助が、成之さまに抱えられて部屋に連れていかれるのを見た」と聞いた忠清は急いで城に戻り、成之の部屋から唯を連れ戻す。「高山の動きを探りに山へ行った」という唯の言葉に、彼女を無事に両親の許に帰さねばという思いに悩む忠清は、激しい怒りをぶつける。

 「お前の助けなど要らぬ。お前はこちらの世の者ではない」という忠清の言葉に傷ついた唯だが、吉乃と信近の会話から、吉乃が唯之助のために村へ帰ろうと思っていること、もともと武家の娘であること、それを知った信近の再婚の申し出を聞いてしまう。翌朝、自分のために信近の求婚を断ったと思う唯を吉乃は一喝。「お前はお前のおりたい処に力を尽くしておればよい、励みなされ」と励まされ、唯は忠清に会いに行く。 

「いやなのだー」

 昨夜の暴言を詫びる忠清に、唯は成之が高山側と内通していて、出陣したら高山勢と合流し黒羽城を攻めることを画策していること、吉田城の襲撃にも成之が関与していたことを報告する。「わかった」と言って立ち去ろうとする忠清の後ろ姿に「若君が鐘ヶ江のところに行くのは嫌だ」と叫び、泣きじゃくる唯。忠清は人違いだったと伝えに行っただけだと説明し、悲しませた詫びに、明日は満月だからお前が帰るのを見送ろうと提案。「すぐ戻ってきますよ」といぶかる唯だが、ふくの時のような娘姿が見たいと請われ、「おしゃれしてデート、ってこと?」とはしゃぐ唯。「どうやらわしも嫌なのだ」唯が去った後、呟く忠清。早速唯は役者のあやめのところへ行き、娘姿になるために協力してもらうことに。

 成之の許へ出向いた忠清は、次の先陣の役は自分に譲ってくれるよう頼む。 

「それ、3分後にもう一度言って下さいます?」

 「えっと、ふくです。」久しぶりに娘姿の唯を見て忠清は喜ぶ。池のほとりで満月を見上げる二人。忠清の「この世に、わしの前に現れたことに礼を申す」という言葉に、唯は「「永遠の別れみたいだ」と笑う。「お前のことは生涯忘れぬ」と言われ、脇差を抜いた状態で駆け寄ってきた唯は「今までちゃんと言ったことがなかったけど、若君のことが」と言い残し平成へ戻る。家族に「今度あっちへ行ったらもう戻れないけど、若君と必ず幸せになる」という唯だが、尊に燃料は今回の移動で使い果たしてしまったこと、忠清もそのことを承知していたことを知らされる。

2020/05/30 20:05 「のぼうの城」2012年

のぼうの城 | 和田 竜 |本 | 通販 | Amazon

  原作の和田竜著「のぼうの城」を読んだ記憶はあるのだが、感想の記録がない。

刊行が2007年、どうやら記録を付け始める以前に読んでいたようである。ドキュメントが何も保存されていない。

 映画制作の最重要課題の一つが、「長親を誰にするか?」だったのではないだろうか。

 実際、原作の「図体がでかく、のっぺりとした風貌」という表現に、野村萬斎さんははまったく一致しない。とはいうものの、長親は「誇り高い」気性だから、気品はなくてはいけない。また見せ場の田楽踊りが下手っぴいではストーリーが破綻してしまう。所作指導、舞の特訓などの準備の苦労を思えば、やはり体格と容貌ぐらいは犠牲にして萬斎さんに、となったのだろう。

 おかげで映画の長親は原作のそれよりずっと気品があって洗練されていてキレッキレ、という印象が残った。 

 映画にはない小説版の見どころとしては、酒巻靱負は遊軍ではなく、城への入り口の一つを任されている。だから、攻防戦の場面は正木丹波(佐藤浩市)、柴崎和泉(山口智充)、と酒巻靱負(成宮寛貴)の三場面ある。また柴崎和泉は映画版のヴァイキングと野武士を足して二で割ったようないで立ちではなく、朱一色の甲冑に黒い槍、つまり丹波と正反対のカラーコーディネートで、丹波の皆朱の槍への野心を表現している。

 

図書館再開まで、あと一晩。うん、長かった。