たまにノンビリ したいよね!

いろいろな事に結構のんびりしているのが好きです。 ブログもそんな感じにと思っています。

2016-07-27 23:31:35.0 秘湯の旅 in 上州へ

毎年の行事 ユースOBの旅行が23~24日でした。

 

 

上越からのメンバーは各々の最寄りの希望場所で乗り込み、小布施パーキング、高崎駅でも電車利用の関東組と合流。

地元群馬はマイカー利用で合計25人の参加となりました。

 

今回旅行は 関東一の鍾乳洞、不二洞 

         富岡製紙

         日航機墜落の慰霊の園

         熊野平~横川のうちの、熊野平~峠の湯間3,4Kmの遊歩道アプトの道

         峠の湯の日帰り温泉施設

 

                そして宿は神水館 (日本秘湯を守る会の宿)

 

 

 

 

 

 

 

来年の行く先は郡上八幡に決まりました。

 

 

2016-07-07 21:03:49.0 山古志村へ

 

寿大学の現地学習として

 

「旧山古志村から地震復興を学ぶ」で

7月6日、希望館を8時バス2台で出発しました。

 

約2時間半ほどで やまこし復興交流館へ到着。

 

その前にアルパカ牧場へ、狭い場所に10頭ほどがいて毛刈りされたばかりのようで

足と顔だけにフサフサの毛が残され瞳は大きく可愛く優しそうな動物でした。

 

復興交流館に戻ります、ここには震災の模様、全村避難、仮設避難生活をへて山古志に

戻るまでをまとめたメモリアル館です。

 

震災前の山古志の大きなパネル写真が

二階会場入り口に飾られていました。

 

 

 

担当の方からの説明を聞きながら、避難、救助の流れを順次追ってゆきます。

 

 

各々事情があるけれど九割の住民は帰村を希望していたのですね。

 

地震発生とともに刻々と変わる被災状況が映し出されて。

 

被災時の人口は約2200人、帰村人口は約7割で約1400人 現在は約1100人となっています。

 

山古志の食材を使った地元の方のお弁当です、温かいご飯の上にのった神楽南蛮味噌が

人気でピリ辛でした。

山古志弁当です。

 

 

バスに乗り込み ガイドをしていただきました。

ガイドさんは地元の方で地震の時は中学生で木篭集落から少し離れた

旧楢木集落で被害の状況をお聞きしました。

 

被災時、TVでも報道された 木篭(こごも)集落水没現場の見学。

右側にも1軒が震災の爪痕が今も・・・残されています。

 

集落が崩れ落ちた土砂と堰き止められた川水で埋もれてしまいました。

震災前には無かったこの集落の上を新しく橋が掛かっています。

 

ガイドさんの集落も木篭集落も現在はどちらも高台の処に移転されてます。

 

 土木遺産の「中山隧道」

昭和8年から24年まで16年間をかけて掘られた横穴(トンネル)

冬期間に病人を運び出す為に掘られたもの、先人の知恵、努力を知る。

人力で道具といえばツルハシで、そのうえトンネルが真っ直ぐなんです。

 

この後は山古志闘牛場へ、残念ながら写真の無いのはデジカメの電池切れです。

春から秋、11月までの12回の(私の聞き間違いでなければ)試合予定日で入場券は¥2000

だそうです。試合にはルールがあって、牛の持ち味を出したところで止め決着を付けないのだそうです。

ここの場所は結構な高台で木々に囲まれた野球場を小さくしたような円形状の席でした。

 

又、駐車場も広く全村避難時のヘリの発着所でもあったとか。

帰りは下道で小千谷をとおり日本フィッシャーマンズケープで休憩後帰路につきました。

 

後半は雨にあたらず良かったです。

 

 

 

2016-07-06 00:38:37.0 公民館活動 保阪邸

公民館講座「ふれあいふるさと再発見」で講座初日

22名の出席でした。

 

開催日は9月まで5回の予定で7月1日が初日でした。

 

当日は保阪邸と怡顔亭の見学でした。

 

戸野目にある豪邸の館 保阪邸は初めてでした。 

 

 

 

 

 

2016-07-05 23:37:32.0 きゃべつ 爆発

雨降りが続いたおかげで充分すぎる水分が急にキャベツを大きくさせ過ぎてしまいました。

ザックリ包丁を入れ傷んだところを除き大き目に切りフライパンで塩味の炒め煮を

柔らかくて美味しかったです。

 

 

 

 

畑に残ったキャベツも大方大きくなり収穫の時期ですが

先日、畑をされててモロッコ豆やインゲン豆を頂いた知り合いに我が家のキャベツを食べてもらおうと

持って行きました。

 

 

こちらは先日の おりづる のランチ。 これにコーヒーとシフォンケーキがついて¥540とは

サバの竜田揚げ、一日はお赤飯です。