JCVアナウンスルーム

上越ケーブルビジョンアナウンサーが 取材先や私生活での出来事をカキコミます♪

2011/04/18 23:22つくしの親子 @奥山

つくしの親子光るハート3800_130313497300.jpg 

(4月17日午後3時頃 妙高市 はねうま大橋付近で撮影)

寄り添う小さなつくしが、まるで親子の姿に見えませんか?

 

よく見ると、

母つくしと子つくしの間にクモの巣が一本。

母つくしの茎には、水滴が光っています。

 

なんだか、愛の絆や、

汗をかいて子を守る母の強さを連想してしまいましたきらきら

 

私も、こんな力のある大人になりたい。

なんて、考えてみたりてれてれきらきら

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

>松本さん
この日は、久しぶりに一眼レフを抱えて撮影に出かけました♪
カメラを持つと、普段気にかけないちょっとしたものが目についたり、楽しいですよね。

投稿者: 奥山  2011/04/20 13:42

そうでしょう!自然は、足下に沢山あるのです!その足下の自然を大切すると良い事がありますよ。目線で見えている自然や何気ない風景もファインダーを覗いてレンズ越しで見る風景も面白いですよ!その楽しさが解る奥山さんと一緒に撮影に行きたいな~ぁ。

投稿者: 松本  2011/04/20 17:44

「生命力」って東北の大震災の後だけになんか奥深い
言葉に感じられますよね。
以前の記事にもコメントしましたが、報道を見ていて
東北の被災者の方々の「強さ」に何度も感動しました。
自分のブログにも書きましたが、雪国の人間は、
どんなに大雪の年でも、やがて春が来て、雪が溶ける
のを知ってるんですよね。
だから、どんな大きな災害でも、いつか必ずそれを
乗り越えて復興させるんだ、っていう強さが東北の
被災者の方々にもあるんだと思います。
そんな、「生命力」を感じられる写真、被災者の皆さんにも届けたい!

投稿者: だいな [URL]  2011/04/22 05:21

>だいなさん
どんな大雪もやがて解け、雪解け水が大地を潤す。
冬という寒さを乗り越えたからこそ、春に咲く草花が愛おしく感じられるものですよね。

私も取材で出会うたび、被災して避難している方の強さに驚かされます。カメラに向かってみせる笑顔。「心では泣いている」ともおっしゃっていましたが、それでも笑顔が出せることが、強い。
「生命力」という抽象的な言葉が、今回の災害でぐっと心に迫る言葉になりました。

投稿者: 奥山  2011/04/22 18:54

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用