JCVアナウンスルーム

上越ケーブルビジョンアナウンサーが 取材先や私生活での出来事をカキコミます♪

2013/03/22 16:34 高田世界館でタイムスリップ! @奥山

3月17日(日)

築102年の映画館 高田世界館(上越市本町6)

フィルム映画を観てきました電球

3800_136393571500.jpg

2階席からの眺めきらきら

2階席、スクリーン前のステージは

明治に劇場として建設されたときの名残り三日月

 

この日は、以前取材した

この映画館でただ一人の映写技師

久保田定さんの80歳のお誕生日でした光るハート

(映写技師歴 64年目突入きらきら

記念撮影にご一緒させていただきましたてれてれ

3800_136393568600.jpg

3800_136393596900.jpg

きらきらバースデーケーキきらきら

さらにはお孫さんから花束

息子さんから手紙の朗読光るハート

会場がホロリと涙する

ステキな上映会でした拍手

 

ちなみに上映されたのは、映画「男はつらいよ」第1作

3800_136393646100.jpg

DVDなら1枚ですが、

フィルムは全8巻電球

 

約15分で1巻フィルムが終わるので、

2台の映写機で、次のフィルムを交互に上映します人差し指

それが映写技師の大切な仕事!

3800_136393663900.jpg

観客が映画を楽しむ間

映写技師は

ずっとスクリーンとフィルムの様子を伺って

映写機を操作していますびっくり

3800_136393759100.jpg

この日は、映写技師講習会も同時開催され、

参加者が上映を手伝っていました。

 

やはり職人の腕が必要なフィルム上映。

まだ経験が浅い参加者では

フィルム交換の際に

上映が途切れてしまうトラブルもありましたが、

会場からは

「こうしたトラブルも懐かしい」

「昔はよくあったわよね」という声がびっくり

 

こうしたトラブルも、

上映中聴こえてくる映写機の回る音も、

フィルム上映を続ける

高田世界館だから体験できること電球

 

まるでタイムスリップしたかのような

貴重な体験でしたりんご