「全力」とは「才能の出し惜しみをしない」ということ。

上越市の自立学習塾「全力塾」のブログです。

2020/02/05 02:09 中学準備こ…

 

全力塾では

まぎらわしいことをして申し訳ありません(^^;)

開講していない、というより、現在お通いの小学6年生は、小学生の内容の学習と同時進行で中学の準備を少しずつ始めています。進学先や理解度を考えて学習を進めています。

☆体験授業受付中ですので、気になった方はお問い合わせください!【宣伝】

 

さて、小学6年生のお子様がいるご家庭は、中学準備を始めていると思います。

 

 

 

ということを実感しました(^^;)

制服・体操着・うち履き・リュック

部活動が始まればみんなでそろえるもの

 

本町の夢カードのポイントがたまりまくるくらいです。(地元ネタ

 

学習面の準備も必要だけど、どうしたらいいんだろう?

というお家の方のために、勝手に分析してみました。

横軸は時間、縦軸は費用として、効果というより何がかかるかを考えてみました。

まず、英語です。

小学生英会話教室などを利用していた人は、時間的にはかなりゆとりがあります。

塾などでは、中学準備講座以降からお金がかかるところも多いので費用は高めですが、時間効率は抜群です。

通信教育は、費用は塾ほどかかりませんが、時間がかかるというよりは、時間を作ることが難しいかな、と思います。

 

英語は、わからなくなってしまうとなかなか取り返すのが難しい。

できれば、早い段階でなんらかの準備をしてほしい。

そこで、費用を抑えながらも効果的なのが、

です。

 

このブログでも何度も出てきます。

この基礎英語、ラジオ講座なのですが、

なのです。

そして、4月から続けている塾生は英語の成績も良好です。

ちなみに僕も中学3年間続けていました。英語で困ったことはほとんどありません。

 

ただ、弱点もあります。

それは、基礎英語だけでなく、通信教育もそうなのですが、

ということ。

でもこれ、これらの教材の弱点というより、

じゃないかな。

 

数学ではどうでしょう。

実は、そのような数学の講座はないようです。

どうしても視覚的な動きが必要なので、ラジオ講座では難しいのかもしれません。

 

じゃあ、どうしたらいいの?

う~ん。

多分、塾を検討している保護者の方が読んでいらっしゃると思うので、

僕個人としては、

と思っています。

塾と言ってもいろんなタイプがあります。

集団指導型

個別指導型

そして、全力塾のような自立学習型。

集団指導型はスタートが肝心だと思います。できれば、早いうちから通った方がいいと思います。

個別指導型と自立学習型は、自分のタイミングでスタートすることができます。

ただ、どんな形式でも、

「決める」ということを大切にしてほしいな、と思っています。

 

そして、中学校は「英語」と「数学」だけではありません。それ以外は準備しなくていいというわけではないと思います。

お家の方や親戚の方から合格祝いをいただいたら、ぜひ本を買って、いろいろな「考え方」を身につけてほしいな、と思います。

 

ちなみに、基礎英語には

 

があります。(イエーーーーーーーーーーーーーーーーーーーイ!

中学準備にいかがですか?