「全力」とは「才能の出し惜しみをしない」ということ。

上越市の自立学習塾「全力塾」のブログです。

2020/04/29 04:17Reset

 

この1年間で、歴史の教科書に載ってそうなことを体験しています。

例えば、

東京オリンピックに関しては、

という歴史を作りました。

 

こういう時に歴史の勉強が役に立つ。

質素・倹約をしていた時代はどうなっちゃったか。

疫病が流行したときに日本はどうしたか。

そんなことを考えながら日々のニュースなどを見てほしいなと思います。

 

そして、「仕事」に関してのニュースにも注目してみましょう。

「大人の話でしょ?関係ないよ。」

いや、今ある仕事はなくなるかもしれないし、

新しい仕事、みんなの役に立つ仕事が生まれるかもしれない。

 

歴史の話に戻ると、

歴史は「繰り返す」。だから歴史を勉強する。

ただ、「元に戻る」ということはない。

新しい価値が生まれたり、新しい文化が生まれる。

そうやって、人類や国家は発展したのではないでしょうか?

キミたち(大人も含んで)は時代の転換期にいるのです。(きまった…

 

僕自身、昨年のこの時期、

求人情報誌のあどばさんのインタビュー記事で

ということを言っていました。(おぉ

「オンライン授業」はTwitterの「今日のトレンド」になっていました。

こうなることを予想していたというわけでなく、

なんとなく「そうなったらいいなぁ」レベルだったのですが(^^;)

ただ、歴史から学んだり、世界の情勢の変化から物事を考えるのが好きだから、そういう考えに行きついたのではないかと思います。

 

割と勉強ができる僕が伝えられるのは、

ということ。

ただ、勉強が直接的に役立つというよりは、

勉強+何か、みたいな感じかな、と思います。

僕の人生経験から言えば、

それは、経験かもしれないし、出会いかもしれないし、本かもしれない。

この中で自分がコントロールできるのは「本を読む」ということ。

「出会い」や「経験」はなかなか自分でコントロールできません。

 

歴史好きな僕が、仕事をしていく上で参考にしている本です。

勉強すると、こういった本から学ぶことができるようになります。

 

休校期間のゴールが見えない状態です。

それでも、自分でコントロールできることはあります。

その中の一つが本を読むこと。

そして、勉強することです。