「全力」とは「才能の出し惜しみをしない」ということ。

上越市の自立学習塾「全力塾」のブログです。

2017-09-27 00:35:03.0カイジ

全力塾では、毎週の宿題として「全力プリント」があります。

どのような宿題かは、「スパイラル」というブログでもお伝えしています。

今日は小学生の宿題の解き直しをしながら、

できていなかったのに、赤ペンで「Good!」と書きました。

それは、

「ここまではわかったのですが、ここからわかりません。」

と書かれていたからです。

全力塾の高校生たちの質問の仕方が上手だ、

ということを常に塾生たちに伝えてきました。

「ここまではわかったのですが、ここからわかりません。」

この質問ができる人は確実に伸びていきます。

全力塾が大切にしている「3つの自己」である、

「自己決定」、「自己把握」、「自己開示」のうち、

「自己把握」と「自己開示」ができているからです。

前回のブログ「イロとカタチ」でもお伝えしたように、

自立学習というのは、一見「自習」のような指導スタイルに見えます。

しかし、この指導スタイルで大切なことはたくさんあるのですが、

「どこまでわかっているか」

を知ることを大切にしています。

それは学習のルールであったり、質問の仕方の中に隠されています。

自分から「自己開示」しようとするよりは、

勝手に「自己開示」してしまうような感覚、かもしれません。

 

「わかりません」

という言葉の中に、「価値」を探す。

問題が解けることが成長につながる、というよりは、

問題に対する「考え方」が成長につながっていきます。