「全力」とは「才能の出し惜しみをしない」ということ。

上越市の自立学習塾「全力塾」のブログです。

2017-10-04 00:48:42.0ウソをつく

2学期の中間テストが返却されました。

今回は(今回も)大きく点数を伸ばす塾生が増えました。

数学で満点をとった塾生

答案に「素晴らしい!」と書かれていた塾生

今回は本当にうまくいった!

 

さて、うまくいったときは理由を探す。

①夏期講習での取り組みが本当に素晴らしかった。

全力塾では夏期講習は受講コマ数を選択制にしています。受験学年ではない塾生でも塾でたくさん勉強したことで、確実に力がついていきました。

ということは、やはり塾に来て成果が出るまでに3ケ月くらいの時間がかかるんだなぁ(メモ

②宿題

特に成績の上昇が見られたのが、中学2年生。

全力塾では宿題は、提出はもちろん、理解度の記録、宿題の解き直しを実施していますが、中学2年生は特に提出状況が素晴らしかったです。正直に言えば、最初は優秀と言えるような塾生ではありませんでしたし、宿題に理解度も高くはありませんでした。しかし、決めたことを続けたことが確実に成果を生みました。

当然、その逆である、「宿題の提出を疎かにした人」は、日頃の成果が出ていません。

学校のワークに追われていた人、ということだと思います。

ただ問題を終わらせることに時間を使っている人は成果が出ていないと思います。

学校で学んだことは必ず役に立ちます。

しかし、そのような勉強法は役に立ちません。

社会に出ても同じ。仮に、何かの採用試験や資格試験を問題を終わらせることで合格できることができたとしても、その後に生かせるのは自分で考えて身につけた知識や経験です。

 

勉強や練習は嘘をつかない

と言いますが、

頭を使っていない勉強や練習は平気で嘘をつきます。

 

全力塾の宿題やテストで意識しているのは、「頭を使う」ということです。

勉強も練習も「頭を使う」という言葉がなければ意味がない。

 

頭を使う、という言葉は本当は難しい。

「考える」にも似ている。

よく、指導者で

「頭使え!」とか、「考えろ!」とか言ってしまう人もいるのではないか。

「頭を使う」とか「考える」という行動の第一歩は、

「決める」

自分がこうだと思ったことを決めて、やり抜く。

問題を解くときに、「こうじゃないか」と仮説を立てるような感覚で問題を解く。

そこから始まる。