「全力」とは「才能の出し惜しみをしない」ということ。

上越市の自立学習塾「全力塾」のブログです。

2018-09-19 02:51:42.0この感覚…

今までのブログで、英語をどのように指導しているかを伝えてきました。

この指導法が正解!

とは思っていませんが、

自分が考えている英文法は、なんとなく「あれ」に似ていることに気づきました。

それは、

将棋です。

子どものころはそんなに好きでもなかったのですが、アニメを観たり本を読むうちにハマりました(^^;)

ただ、弱いです(^^;)

将棋の駒には、「動き方」が決まっています。

 

そして、その「動き方」から攻守の「役割」が決まってきます。

そして、それを理解して「戦法」を使うことができる。

 

英語の単語にも「品詞」が決まっています。

そして、その「品詞」から、英文での「役割」が決まってきます。

そして、それを理解して「文法」を使うことができる。

将棋を楽しむためには、駒の動かし方や攻守の役割を知ることが大切。

英語を楽しむためには、品詞やその品詞の役割を知ることが大切。

 

そして、将棋という勝負事は、

自分ひとりでするものではなく、相手がいます。

勉強に「相手」はない。

ただ、将棋の世界の「相手」というものは、

「コントロールできないもの」の1つです。

コントロールできないもの、とは、変えられないもの。

勉強にも「変えられないもの」がある。

それは、出題される問題。

受験であれば、他の受験生。

 

将棋がわからない塾生もいるかもしれませんが、

読書の秋に、将棋の本やマンガはいかがですか?