「全力」とは「才能の出し惜しみをしない」ということ。

上越市の自立学習塾「全力塾」のブログです。

2015/10/06 23:29 準備

理科や社会を指導していると、

 

一問一答のように物事を暗記しようとしているなぁ

 

と思うことがあります。

 

理科社会は暗記だから、暗記すれば点数になる。

と安易に考えてしまっているように思えます。

 

その結果、「ワークを何回も学習すれば点数がとれる」というような学習方法に行きついてしまう。

しかし、その学習方法は単純に「悪い」という判断も難しい。

 

成績が上がった!、○○点とれた!

という成功体験が必要な人もいるからです。

 

巷で言われるような「勉強法」とは、

いかに短期間に集中して、物事を暗記する

そういう勉強法が多いような気がします。

 

最高の勉強法は、

いかにおもしろがって勉強するか、

これは永遠の課題かもしれません。

それには、現在でもたくさんの学習時間が必要ですし、

正直、長い期間積み重ねてきたもの、これから積み重ねていくものが必要だからです。

 

楽しむためには準備が必要。

この準備というのに、「これくらい」という目安がありません。

楽しんでいるもの、というものは、知らず知らずに準備してきていたものなのだと思います。

 

定期テストは嫌なものかもしれない。

結果の良い、悪いではなく、

この結果にどんな意味があるのか、

を考える。

点数という数字で物事を判断するのではなく、

「どうありたいのか」

を自分に問う。

そんなきっかけにしていけるように、大人がサポートしなければならないと思います。