「全力」とは「才能の出し惜しみをしない」ということ。

上越市の自立学習塾「全力塾」のブログです。

2016/10/18 23:16 目標をつくるとき

私事ですが、誕生日を迎えました。

 

1年で目標を設定するのは3回あると決めています。

・新年の始まり

・新年度の始まり

・自分の誕生日

です。

 

自分の誕生日では、目標というより

あり方=Beingを決めるような日だと思います。

 

新年は「継続したいこと」

新年度は「数字などの目標」

そんなことを決めています。

 

と言いながら、ここ最近では、

「世界を目指す!」

と普通の人なら「???」という目標を持ってきました。

僕は趣味でギターを弾くのですが、今年は積極的にinstagramに動画を投稿してきました。

誕生日の前日に、外国の方から、

「We should collaborate(オレたちはコラボすべきじゃね~の!)

というコメントをいただき、感激しました。(実際、コラボレートするときは来るのかはわかりません。)

 

「あり方」、とは、「できることの積み重ね」をしていくことだと考えています。

「○○(今できないこと)ができるようになる!」

というような目標ではなく、「今できること」を続けていく。

僕の場合、ギターを録画、録音をして投稿する。そして、そのための練習。

何か結果が出るというようなことはなく、続けていたら、それに気づいてくれる人が現れた。

それだけだと思います。

 

捉え方を変えると、それが「努力」なのかもしれない。

しかし、当の本人は「努力」だと思っていない。

成功というものは「努力」が必要だというのは、結果論であり、

当事者は「努力」だと思っていないと思うのです。

振り返ってみて、

「あ~、あれが努力なのか~」

と気付くものだと思います。

 

塾での指導でも、

「継続したいこと」

「数字などの目標」

を大切にしていると思います。

それを達成していくためにも、

「あり方」を大切にしていきたいと思います。