「全力」とは「才能の出し惜しみをしない」ということ。

上越市の自立学習塾「全力塾」のブログです。

2014-11-25 23:46:59.0 自分て``決める(自分で決める)

しつもんメンタルトレーニング

 

前回のサカイクのサイトで知ったサイトです。

サッカーノートも購入して、息子がサッカーでのことや、サッカー以外でのことの記入を始めました。

 

今サッカーに夢中になっている息子のために買ったのですが、

自分が学習指導をしていて、最近気になっていることがあったので、そのヒントが欲しかったというのも事実です。

 

しつもんメンタルトレーニングのコラムでも取り上げられていますが、

自分で行動を移すためには、

「自分で決めている」

ということです。

 

先日、附属中学校で「花まる学習会」の高濱 正伸代表の講演を聞き行ったのですが、高濱先生も

「自分で決める」

ということを伝えていました。

 

塾で指導していて、伸びていないなという方もいます。

自分たちの指導スキルも課題かもしれませんが、

正直に言うと、

「自分で決めていない」まま、塾に来ているというような様子です。

親が言うから。

先生が言うから。

そのような思いのままでは、目標も持てず、なかなか成果を得ることができないでしょう。

 

自己決定感。

それを子どもたちに意識してもらうことが大切です。

 

最初は、YesかNoの質問でいい。

少しずつ、子どもたちが「自分で決める」場面を作っていく。

 

指導の中でも意識していきたいと思いますが、ご家庭の協力も必要です。

 

なぜ、この中学、高校を受験するのか?

なぜ、塾に行って勉強するのか?

 

ただ勉強をするために塾に行く、ということでは、期待する成果は得られません。

自分で決める。

 

塾でも、この問題に対してどうするかを必ず子どもたちに聞きます。

何問解くのか?

どこまで解くのか?

 

自分で決めると自分の行動に責任を持つようになります。

そんなときの生徒の伸びは驚異的です。

 

12月22日(月)から冬期講習が始まります。

今日から、「自分で決めて」塾に新しい仲間が増えました。

やはり、「自分で決めた」塾生は、入塾の時期に関わらず、その環境に適応していくのが早いと思います。

 

「自分で決める」。

そんな冬休みにしていきたいと思います。

 

 

 

今日で上進連テストが終了しました。テスト対策中に、プリントが出力されるわずかな時間も文法を覚えることに使っていました。

このような隙間時間の使い方が、受験勉強では大切です!