「全力」とは「才能の出し惜しみをしない」ということ。

上越市の自立学習塾「全力塾」のブログです。

2015-01-28 00:38:40.0 ♭eing(being)

2月には中1、中2生の定期テストが行われます。

 

先日から、定期テスト対策授業の案内の配布が始まりました。

 

その中で、ご家族に向けて宿題を出しました。

 

それは、

「あなたの『being(あり方)』を『自分で決める』」

ということです。

 

?ですね(^-^;

 

最近、

being(あり方)

doing(する)

having(持つ)

ということを常に意識するようにします。

 

beingがdoingを決め、havingをもたらす。

 

beingが決まっていないのに、doingが決まらない。

beingがあるから、それに見合ったdoingが決まる。

 

すでに何名かが提出してくれています。

楽しく!

わくわくする!

自分で決める!

などなど。

 

あり方に正解はありません。

自分で決めたbeingには、それに見合ったdoingが決まる。

 

やはり、まだbeingとhavingの区別が難しい生徒もいます。

○○ができるようになる!

怒られないようにする!

お金持ちになる!

それはhavingのような気がします。

doingを通じて得られるものだと思います。

 

塾をはじめとした習い事は、「having」を大切にしていることが多いと思います。

「having」のために「doing」を決めるよりも、「being」から「doing」を決めることが、

「having」を連れてくる気がするのです。

これは、塾での指導や自分の息子とのコミュニケーションから感じたことですので、確証はありません。

 

ご家庭での様子が変わった、という報告も早速いただけました。

 

今回、この定期テストの前に、塾生のbeingを聞けたことはとても良かったと思います。

本音も聞くことができたような気がします。

 

これからも、塾生の「being」を大切にして、「doing」を決めて、「having」を感じてもらえるように指導していきたいと思います。

 

僕のbeingは「楽しく!」です。

楽しむためには準備が必要!

が金子家家訓です。