「全力」とは「才能の出し惜しみをしない」ということ。

上越市の自立学習塾「全力塾」のブログです。

2016-07-26 23:25:46.0 準備

受け取る準備

という言葉を意識しています。

どんな結果でも、その準備をしてきているのです。

 

夏休みが始まりました。

夏休みそのものも2学期への準備ですが、

今過ごしている夏休みも、夏休み前の準備が生んでいます。

 

まだ夏休みも始まったばかり。

「夏休みが終わったとき、どうなっていたら最高ですか?」

をテーマに全力塾も夏期講習を進めています。

中3生だと、8月に行われる上進連テストがあります。

どんな結果を受け取るか?

準備で決まる。

 

今年は受験学年以外の夏期講習生が多く受講してくれています。

僕自身もそういう結果を受け取る「準備」をしてきてからだと思います。

「勉強の必要性」よりも「勉強の楽しさ」を意識して準備してきました。

受験があるから勉強する、という面をあまり押し出さない。

かと言って、勉強は楽しいにすることも大変。

それでも、「めんどくさい」、「つまらない」ということをいかに「楽しい」に変えられるか。

それは、指導する僕だけでなく、塾生たちも意識してくれている。

この夏期講習はそんなスタートを切れたと思います。

 

また、以前から、「まんが日本の歴史」をお勧めしてきましたが、

「買いました!」という声が多く聞かれるようになりました。

実際に、社会の点数がぐんと上がった塾生もいます。

まんが日本の歴史の営業部長になりたい…。

この夏休みはそんな勉強ができる期間でもあります。

 

 

この夏休みが終わったとき、どうなっていたら最高か?

イメージしてみる。

人間はできることしかイメージできない。

できることをやっていくだけ。

その積み重ね=最高。