「全力」とは「才能の出し惜しみをしない」ということ。

上越市の自立学習塾「全力塾」のブログです。

2017-08-23 03:02:48.0 弱く、ざっくり

夏期講習も残すところあと1日。

今年もみんなたくさん勉強してくれました。

通常の授業より長い時間塾生たちと過ごすので、この夏期講習もたくさんの気付きを得ることができました。

「なんでだろう?」

そう思って調べる。

 

ただ、ずっと意識してきた「決める」という部分をさらに進化できてきたと思います。

「決める」ということは、

強さで言うと、「弱い」感じ。

そして、「ざっくり」みたいな。

「決める」というよりは「仮説を立てる」。

仮説を立てるための「知識」。

そんなことを感じています。

 

来週から全力塾は新学期を迎えます。

新学期の学習では、この「決める」、「仮説を立てる」が必ず役に立ちます。

1学期は、「決まっていること」を学習します。

2学期は、「決めること」が大切になります。

1学期、数学は計算主体の学習内容が中心。英語は主語と動詞の使い方が中心。

これらは決まっていること。

2学期になると、数学は文章題・関数・図形のように、決まっていることを学ぶ内容もありますが、それを基に、自分で「決める」ことが大切になっていきます。

文章題では、「何をxにするか」、「何を等式で表すか」

関数では、「どの変数を代入するか」、「どの式に代入するか」、「座標の求め方はどれか」。

図形では、「どこが等しいか」、「対応している辺、角はどれか」

など。様々な部分で「決める」ことが求められる。

英語も同様です。主語・動詞の使い方に加えて、「修飾する語」などが増えていき、どの用法を使うかを自分で「決める」ことが大切になります。

そして、

決めて、「あ、違う!」となったら「修正」する。

だから「仮説を立てる」ような感覚が大切。

 

 

解き方、というより、考え方。

いろいろな見方、考え方ができる。

それが、「かしこさ」。

 

新学期は、「かしこさ」を追求していく時期になりそうです。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

全力塾は8月24日(木)~8月27日(日)まで休校日とさせていただきます。

新学期は8月28日(月)からスタートします。