過剰風月禄。

高田だったり食べ物だったり、日々の漫画録だったり。

2011/01/31 10:56■軒猿衆始動っ(^^)/

3718_129643384200.jpg


 写真と本文全く何の関係もございませんw
「雪が多くてたいへんでした~」なんて、
 雪が多い写真載せてもぶっちゃけ皆様見飽きたでしょ?
 オム焼きそば並みにこってり充実した稽古だったと見てくださいw


 まあ、そんなわけで昨日は雪の最中、
上越市の社会人殺陣同好会「軒猿衆」の稽古でした~^^
 おかげさまでおととしの「愛・天地人博」以降、市内外から
イベント要請の依頼などたくさんいただいており、
そのご希望に可能な限りお応えするべく、今年はやらねばならんことが
たくさんあります^^;
 
 チャンチャンバラバラ、派手なパフォーマンス練習?
 高度な立ち回りテク?
 

 答えは否。
 冬の課題は基本のトレーニングです。
 素振り、体術、身のこなし、「自分は正しく動けているか」、
 他にもアクションの基本が頭と体に入っているか等、
 ハタから見れば地味~な練習^^
 基本なくして応用なし。
 
 まして、私が関わってからというもの武芸的な要素を頻繁に取り入れているので
 基本ができないと技術的にも次の段階に進めないのです。
 そしてこれから春先に向けて新加入メンバーも増えるので
現メンバーには率先してお手本になってほしいという目論みもあります^^


 

 なんてねw




 まあ、どの業界においても基本ってのは難しいものであります^^
 軒猿衆の場合、プロではないというのもあって時間の制限などもあったのですが
安全上問題なければある程度基本から外れてもOKをだしてました^^
 今まで個性として許容してた範囲が修正されるのですから、
ハタから見る以上に大変な練習です。
 ただの素振りと受身、基本の体裁きなのに体が追いつかなくなります(ニヤリw)
 
 ↑この壁にぶち当たることが技術力向上には必要だと思います。
 武道ではなくてアクションでも「心・技・体」は大切ですからね、
心と体と技術のバランスがとれてないといい動きをお客さんにお見せすることはできません^^


 ってなわけで、現メンバー皆様、
インナーマッスルの筋肉痛が今頃大変かもしれませんが、頑張ってくださいませ!!
(人事?w)








 私の場合、アクション現役時にこういう壁にぶち当たったときは
ひたすら繰り返し繰り返し繰り返し、何回木刀振ったか分からないくらい振りました。
 腕が上がらなくなってきて、初めて体が自然な動きをしたときに
いかに自分がムダな動きが多かったのかを知りました^^

軒猿衆のメンバーにはここまでやれとは言いませんが、
派手なパフォーマンスのテクにとらわれず自らの基本を見つめなおすことは
自分たちがやっていることが自己満足に終わらないための大事な要素でもあると思います。


 ただ私の場合はプロ(技術屋)で撮影現場に呼ばれていたので、できて当たり前な話なだけなんですけどね^^
 そういう若い時代もあったわけです…(遠い目)ww


 って、
 それも過去、
 かくゆう私も頑張らねば(^^;

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用