文化クリーニング

上越を中心として、 地域に密着した高品質ホームクリーニングを 展開している文化クリーニングです。

2011-01-20 09:39:51.0お洗濯の豆知識6

今日は大寒だそうですね。
寒さも今日がピークで、徐々に弱くなるのでしょうか?
そうなるといいですね。

この時期、ご家庭でお困りなのが、洗濯が乾かない・・。というのがあると思います。
ご家庭で乾燥機をお持ちだったり、近くのコインランドリーに乾かしに・・。なんて方も
いらっしゃるでしょう。
今回は、乾燥機のかけ方のコツについて書きたいと思います。

乾燥機を使うと、洗濯中にねてしまった繊維が起き上がり、ふんわりとした仕上がりになります。
種類としては衣類乾燥機、縦型洗濯乾燥機、ドラム式洗濯乾燥機などがあります。
電気式とガス式がありますが、時間やコストで比較すると、ガス式のほうがお得です!


3731_129548290900.gif

①衣類を入れすぎない
 中で回らなくなり、乾燥の効率が悪くなります

②乾燥時間をむやみに長くしない
 長く乾燥機に掛けると、ボタンなどが壊れやすくなります

③衣類の厚さや素材によって時間をわける
 乾きが早いものは途中で取り出しましょう

応用 ○洗濯から乾燥までを通して行うドラム式洗濯機の場合は、脱水後に一度取り出して
    ふりさばいてから、乾燥をかけるとシワになりにくくなります

   ○洗濯後、乾燥機に5分ほどかけてから干すと、しわ伸ばしに効果があります



乾燥機にかけてはいけないアイテム
○ウールなどドライマークつきの衣類は、熱と回転で縮んでしまいます
○アクリル素材のニットは熱や絡まりによって伸びてしまいます
○プリントつきの衣類は熱で剥離する場合があります
○ポリウレタンコーティングの衣類は、熱で剥離してしまいます
○ビーズなどの飾りのついた衣類は、飾りが割れやすくなってしまいます
○スパンコールつきの衣類の接着に使われているノリが、はがれてしまいます



3731_129548397100.jpg

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

ネットに入れて洗った物は、乾燥する時にネットに入れたまま乾燥しても、大丈夫なんですか?

投稿者: 豆太郎  2011-01-25 00:31:07.0

豆太郎様、コメントありがとうございます。
ネットに入れるものの中身にもよります。
飾りが付いていたり、デリケートな素材のものであれば、そのまま乾燥機にかける(乾きは入れないよりは悪いです)か自然乾燥が好ましいですが、綿、ポリエステルなどのものは、ネットにいれず、ドラム式の乾燥で、ふんわり乾かしたほうが、シワになりにくく、よく乾きます。お試し下さい♪

投稿者: ぶんか  2011-01-25 09:18:03.0

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用