ペランギ倶楽部

教育系コーディネーターで思春期保健相談士のHiroです。新潟県上越市在住です。ペランギ倶楽部は、性別に違和感のある児童・生徒・学生の学校における諸問題解決のサポートをします。また、医療につながりたい方へガイドラインに沿った診断と治療(右下のリンク参照)を受けられるように情報提供・サポートをします。交流会等を不定期で開催します。活動は主に土日祝です。ブログでは「ペランギ倶楽部」の活動の他に、関連する情報についてつぶやいています。お問合せ・ご質問等は「お名前(仮名可)、連絡先(メールアドレス等)、内容」を下記メールアドレスへ送ってたいただくか、右下「お問合せ・ご質問など」からお願いします。                                                                                                Key words: 性別違和、性別不合、性の多様性、セクシュアリティ教育                                  【2021年7月登録】 連絡先Email:pelangiclub.niigata@gmail.com (@は小文字で)

2021/12/23 21:52 JFPA主催「第7回 性の多様性を学ぶセミナー」受講完了

onlineで配信されたセミナー「第7回 性の多様性を学ぶセミナー全国約2・2万人の教員を対象にしたLGBTs意識調査の結果をひもといて」を受講しました。この講座を受講している人の多くは、保健師さんや助産師さん看護師さん等が多いと思う(JFPAの会員の多くがそうだから)が、この方々が、教員対象の調査結果を聴くよりも、学校の教員が聞いた方が、児童・生徒にとって絶対に良いはずだと思う。事後アンケートにこんな内容のことを書きました。「この研修、教育委員会に売り込んではいかがでしょうか」と。

2021/12/18 15:54 村本大輔さんありがとう。

以前よりWebなどで活動等に注目していたが、たまたま誘われて高田世界館まで出かけた。笑わせていただきました、ありがとう村本さん。誘っていただいてありがとう。当事者の悲しみや憤りなどに共感できる感性をもつことは当たり前かもしれないが、それを笑いに変え、時に生きる元気と勇気を人々にとどける芸(この理解でいいのかな)でした。政治や社会の問題に対し、多様性を尊重し、マイノリティ当事者の声をしっかり受け止め、長いものに巻かれず、それをステージ上で出す。スゴイ。