☆ 床屋サン行こ ♪  ~ カットサロンまるやま ~

こんにちは (´∀`)ノ♪^*・'゚☆.  上越市 北本町2丁目 の 床屋                           理容室 丸山 です ☆彡  ごゆっくりどうぞ (θωθ)~☆

2014/11/26 18:41伸ばして筆に ☆彡

8か月の女の子

 このみちゃん

  初カットに来てくれました ☆彡

 

  そして、このみちゃんは

   赤ちゃんの筆 の作成を

    ご希望頂いての、来店です。

 

   そこで

    男女を問わず、筆は作るが

     『 切った後も、短髪にしたくない

      という時の わたしのやり方 をお伝えします。

 

   とってもいい子で座ってくれました (^-^)

  

  まず

   お母さんに、筆に必要な長さ、

    そして、切り終えた後、どれくらい

     残せるのか を説明させて頂きました。

 

  均一な長さがあり、ベリーショートならば

   今回で一気に取れてしまう長さでしたが、

    お母さんと相談の末、急がないことに。

 

  なので今回は

   先に取れる部分だけお預かりして

    残りは伸びるまで待たせて頂きます。

  

   まずこの長いえりあし。 上の毛の毛先を

    傷めぬよう、しっかり分けて中だけ取ります。

 

   次に

    お母さんが、一番に

     気にかけていらした前髪

      目にかかり、こするとのこと。

       切ってあげなければなりません。

     

   そこそこ長く見えますが、実は

    ほぼ根元から切らせて頂かない限り

     立派な筆の長さを満たせていません

 

   なので、わたしの場合、この前髪部分を

    『 この一列は、もう筆に使わない髪 』 と割り切り、

     その子に似合う長さにカットしてしまいます。

 

    ここは使わなくても、十分な量が取れるからです。

 

     出来るだけストレスなく

      必要な長さまで伸ばして

       頂くためのツボです ☆ヽ(´∀`)

 

  一度見せて頂くと、切った後にどれくらいの

   長さを残せればご希望のスタイルになるのか

    わたしも把握することが出来ます d(@^∇゚)

 

  「 この位の時期に、全部切って、作れます

   と、お伝え出来ますし、前髪は何度でも切れます

    ( 前髪は400~500円でさせて頂いてます。

      伸ばすエリア の毛先を切ってしまわぬよう

       お父さん・お母さん、どうか任せて下さい。  )

 

   このやり方だけでなく、アイデアを尽くし

    立派な筆が作れるよう担当させて頂きます。

 

 

  ちなみに 

   今現在、このみちゃんを含め

    4名のお子さまの 『 先取り

     の髪を、お預かりしています。

 

   赤ちゃんの筆 の

    作る時期に迷っている方は

     ぜひお気軽にお電話ください ・’゚☆

 

 

  関連記事  → http://blog.jcan.jp/cut-maru/37365/

 

           Top ♪ http://blog.jcan.jp/cut-maru/ 1890_129619609000.gif

 

~ カットサロン まるやま ~   ℡ 025(524)8657

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用