やまぼうしの 退屈の無い日々

狭いながらも庭弄りをしながら、四季の移ろいを楽しんでいます。

2009/10/31 07:59葡萄の樹を里子に

2年間育てて、愛着がある葡萄の樹ですが、
今年も青虫の駆除に悩まされました。
(鉢に割り箸をさしておいて、青虫を見つけると
 摘まみ取っていました。)

妻に 「 青虫のいる葡萄棚の下は怖くて歩けない 」 の
言葉を聞いて決心しました。

会社の友人(ももの生家です)の家に里子に出す事にしました。
ここでは鉢植えでしたが、彼の家へ行けば地に植えられて、
のびのび育つ事でしょう


965_125690230900.jpg





今日取りに来てくれるので、
朝のうちに鉢から出して準備しました。

965_125694299400.jpg

主の居なくなった鉢は淋しく見えます。

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

そうですか・・・
里子にだしても可愛いので会いに行くでしょうね。
帰りにはいつか手土産がというふうになると良いですね。

投稿者: ぺこちゃん  2009/10/31 10:03

ぺこちゃんさん コメントありがとうございます。
そうですね、実が生った頃を見計らって行こうと思っています。(笑)
以前のブログにアケビの棚がありましたが、アケビは成長が早いのですか?
ブドウの替わりに何を植えようか思案中です。

投稿者: やまぼうし [URL]  2009/10/31 18:10

アケビの成長は早いですね。
棚から枝がはみ出していますのでかなり剪定しようかと思っています。
知人の家ではトンネルにしてたくさんアケビを作っていましたのでいただいてきました。

投稿者: ぺこちゃん  2009/10/31 18:19

ぺこちゃんさん コメントありがとうございます。
アケビのトンネルなんて楽しそうですね、
アケビも候補に挙げて検討します。

投稿者: やまぼうし [URL]  2009/11/01 17:30

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用