やまぼうしの 退屈の無い日々

狭いながらも庭弄りをしながら、四季の移ろいを楽しんでいます。

2011/11/28 06:28障子戸のこだわる部分

妻の親戚の蔵に眠っていて、
利用する予定は無いと言う事で、
数年前に古い障子戸2本を頂いて来て、
我が家で使用しています。

以前は茶の間の入口の戸が襖で
廊下が暗かったので、この障子戸を入れました。
腰板が付いて障子の桟も今の物と違って、
細かい所が気に入っています。
障子の破れも花模様に切った障子紙で、
つぎはぎしていました。
これも案外気に入っていたのですが、
昨日、他の部屋の障子の張り替えをしたので、
この障子戸も久々に張り替えをしました。


   965_132239652800.jpg






特にこだわって貼ったのは、このバッテンの部分です。
965_132239652801.jpg





もう一本の障子は半分に切って、ついたてに変身させました。
古い物でもこんな風に使えば、利用価値はあるものですね。

965_132239652802.jpg