やまぼうしの 退屈の無い日々

狭いながらも庭弄りをしながら、四季の移ろいを楽しんでいます。

2014/07/15 11:061週間の雑記73号(7月06日~7月12日)

07月06日(日) 五郎八姫のお輿入れ行列

ときどき曇り

高田開府400年祭の記念行事のひとつ、

五郎八姫のお輿入れ行列を見に行って来ました。

本町通りの両側には大勢の見物客が集まっていました。

                          (大きい画像は拡大出来ます) 

 

 

徳川家康の六男、松平忠輝公 

 

 

家紋の幟を先頭に伊達家の行列、

 

 

伊達正宗の娘、五郎八(いろは)姫役の女性は、とても綺麗な方で、

松平忠輝公役の男性と新婚のご夫婦と聞きました。

お似合いのカップルですね。^^

 

 

 

いつもは閑散としている本町通りのアーケードに

七夕の飾りが彩りを添えていました。

  

 

 

 

 

 

07月07日(月) 今週の庭便り

雨

レンゲショウマの花茎がぐんぐん伸びて、

鉢棚の天井に当りそうなので、前の方に出しました。 

 

 

 

レンゲショウマの蕾と雨滴 

 

 

風知草もしっとりと雨に濡れています。 

 

 

花壇で一番背が高い花、PCに向うまで花の名前を

憶えていたのに、またも、忘れてしまいました。^^; 

 

 

ヤマボウシの下のギボウシ 

 

 

同じくヤマボウシの下のグランドカバーに植えた

ヒメイワダレソウ 

 

 

ヤマボウシの実

アップで見ると不気味ですね。^^ 

 

 

垣根のアベリアの花 

 

 

 

 

  

07月09日(水)  台風8号接近

ときどき曇り

夜中に激しい雨と大きな音で雷も鳴っていて、

落雷が原因で火事もあったそうですが、

そんな事に全く気付かず朝まで熟睡していていたので、

妻に呆れ顔をされましたが、アルバイト先でも

皆に笑われてしまいました。^^;

でも、熟睡出来るのはいい事ですね。^^

この日は、上越では雨が降りませんでしたが、

佐渡や下越では大雨が降って、大きな被害が出ました。

 

台風が接近しているので、この日は防風ネットを張る作業に

追われましたが、暑さもあって疲れました。

 

 

 

 

 

  

07月10日(木)  雨上がりの夕景

雨曇り

昼間降っていた雨も夕方にはあがりました。 

妙高山は中腹から雲の中に隠れていました。

 

 

 

道路を挟んだ反対側の米山は、くっきりと見えていました。 

 

 

 

 

 

07月11日(金) ずぶ濡れ

曇り雨

この日は、朝のうちは曇っていて所どころに

青空も見えていました。 

 

 

9時半頃からポツリポツリと降り始めた雨はだんだん激しくなって、

夕方まで降り続いていました。 

雨具が完全防水タイプではないので、着ていると中まで浸透して

来ます。それに袖口からも雨が入って来て、ズボンや長靴まで

伝わって、帰る頃にはずぶ濡れでした。^^;

 

 

それでも、雨中の休憩中に、濡れた葉の写真を撮ったり、 

 

 

雨滴の付いた葡萄の実の写真を撮ったりと、

楽しみも見つけていました。^^

 

 

 

 

 

07月12日(土) 朝陽を浴びて・・

太陽

朝ご飯を沢山食べ、好物のミルミルも飲んで

風呂の窓で朝陽を浴びながら、早くも昼寝のモモです。 

目ヤニが出ているのが気になります。 

 

 

金曜の雨で長靴の中もグチョグチョしていたので、

足が靴の中で動いた為、この日の朝になっても

両足の裏側がヒリヒリして痛みました。

 

天気が良かったので、雨具や長靴などを洗って

干しましたが、晩秋の剪定の事も考えて、

雨具は完全防水タイプに買い替え予定です。