やまぼうしの 退屈の無い日々

狭いながらも庭弄りをしながら、四季の移ろいを楽しんでいます。

2015/11/08 08:571週間の雑記142号(11月01日~11月07日)

11月01日(日)    今年も残すところ2ヶ月

雨ときどき曇り

今年も残すところ2ヶ月、11月から葡萄園の剪定作業が始まるので、

10月末までに雪囲いをと思っていましたが、未だ手つかずで、 

門柱を壊した時に出たブロック片の片付けも終わっていません。^^;

 

 

 

この日は天気がいいので、雪囲い日和なんですが・・

午前は買い物の予定で、午後には予約が入っているので、

竹と縄の出番はもう少し先にして 

 

 

翌日からの剪定作業に必要な物を買いにワークマンへに・・ 

 

 

作業靴、雨具のズボン用の吊りバンド、防寒手袋、保護メガネを

買って来ました。 

 

 

カイロのお客様から古代米を頂きました。

美味しい食べ方をネットで検索してみます。^^ 

 

 

 

 

 

 

11月02日(月)    剪定作業初日は雨

雨曇り

葡萄園の剪定作業が始まりましたが、

雨具着用のスタートとなってしまいした。 

葡萄の葉もだいぶ紅葉しています。

 

 

 

休憩時間中も、どの枝を残せばいいのか検討したりして熱心です。

 

 

こんなに切って大丈夫?と思うほどバッサリと切るので

棚下には切り落とした枝の山が出来てます。 

 

 

ビニールが外されて剪定を待つ畑・・

 

 

 

 

 

11月03日(火)    頂き物の鯛で3品

雨曇り

晴れていれば雪囲いをと思っていましたが、雨降りの朝でした。

朝一から台所に立って、先日頂いた鯛を調理しました。 

三枚下ろしにして皮を取った切り身と皮付きの切り身・・

 

 

 

2尾の小鯛は背開きにして濃い目の塩水で洗い水気を取って

酒と塩を降って窓辺に置きました。 

 

 

午後になって雨の切れ間があったので、

小一時間ほど雪囲いをしました。 

 

 

夕飯は朝に捌いた鯛を使ったメニューです。

一夜干ならぬ昼間干しの鯛、甘みがあって美味しく焼けました。 

 

 

 

皮付きの切り身は、バーナーで炙って焼き目を付けて 

 

 

 

鯛の頭で取った出汁で鯛茶漬けに・・ 

いい出汁が出て美味しかったです。^^

 

 

刺し身用に薄切りにした鯛は黄身醤油に和えて頂きましたが、

鯛茶漬けでなく、白いご飯で頂きたくなるほど美味しかったです。^^

 

 

この日の夕飯は、前日の残り物のポトフをリメイクした物と

頂き物の鯛の3品を美味しく頂きました。^^

 

 

 

 

 

11月03日(火)    小春日和

太陽

バイパスを走っていると関田山脈に覆い被さるような

白い雲が見えて面白かったので、葡萄園の近くに来て

写真を撮ったのですが、手前の山が邪魔ですね。^^;

 

 

 

澄みわたった空気に妙高山、火打山、焼山の冠雪が映えて

気持ちのいい朝でした。 

 

 

ポカポカと暖かい日射しの中での作業は捗ります。

休憩中には写真を撮って遊びました。^^

クモの糸を纏ったエノコログサ・・ 

 

 

イヌタデ・・ 

 

 

カベルネフラン(葡萄の品種)の紅葉 

 

 

 

 

 

11月07日(土)    ココナッツのアルバム♪・・

ときどき曇り

我が家の愛猫の『ココナッツ』 

通称『ココ』と呼んでいます。 

生後8ヶ月のお転婆娘です。^^;

 

すぐ近くに自分の水が置いてあるのに・・ 

 

 

そして、何食わぬ顔・・^^;

 

 

可愛く撮ってね! ・・

 

 

そんな下から撮って可愛く写っているかな?~

 

 

テーブルから降りるように言っても聞かないので、

ペンで脅したら暫くは防戦・・

 

 

でも、安全地帯へ避難・・